GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
実験施設 [デザイナーズ実験施設]
事業主体名
ERATO 磯部縮退π集積プロジェクト
分類
公共用の空間・建築・施設
受賞企業
ERATO磯部縮退π集積プロジェクト (Japan)
受賞番号
14G110945
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

実験室のリノベーション。実験施設はそこに置かれる実験設備の不確定な重荷に耐える為にコンクリートの強固な土間であることが多い。つまり実験設備への配線や配管を床からでなく天井からしかとれないのである。そのために多くの実験施設は、研究者が長時間の作業をする施設であるにも関わらず、場当たり的に置かれた複雑な機器の配置に天井からの配線や配管が整理できず、快適な環境とは言えない状況にある。そこで、この実験施設ではその配線や配管の仕組みを家具や照明に見立てることにより、配線配管処理を整理するだけでなく、実験設備があたかも現代美術作品のように見えるような、見ているだけでも美しい建築にしている。

プロデューサー

東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)主任研究者 東北大学大学院理学研究科教授 磯部寛之

ディレクター

建築築事務所 望月公紀、市川竜吾

デザイナー

建築築事務所 望月公紀、市川竜吾

詳細情報

http://www.jst.go.jp/erato/isobe/index.html

利用開始
2014年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)3F、5F

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

美術館のような実験施設。

背景

実験施設はそこに置かれる実験設備の不確定な重荷に耐える為にコンクリートの強固な土間であることが多い。つまり実験設備への配線や配管を床からでなく天井からしかとれないのである。そのために、多くの実験施設は、研究者が長時間の作業をする施設であるにも関わらず、場当たり的に置かれた複雑な機器の配置に、天井からの配線や配管が整理できず、快適な環境とは言えない状況にあることに問題を感じたことから設計が始まった。

デザイナーの想い

多くの研究者の意識は、実験機器に対する意識は高いが、実験空間への意識が低いのが現状である。研究者は一日の大半を実験室で過ごす。今回の提案で、その多くの研究者が建築家によって整理された空間の快適性を体験し、さらには研究成果向上のきっかけになることを少しでも体験してもらうことで、デザインされた空間への意識が高まる事を期待したい。

企画・開発の意義

研究者が長時間過ごす実験施設のリノベーションは、研究領域において未だ手付かずの状態である。社会に対して新たに提案・提供しようとした価値は、整理する情報量が膨大な実験施設も、建築家が丁寧に取り組みさえすれば作業環境が良くなるだけでなく、研究者以外の人が来ても美しいと思える環境がつくれるのだということを知って、体感してもらうことにある。

創意工夫

実験施設には、実験する実験室とデスクワークする居室がある。実験室では、実験機器の徹底的な調査と理解を計り、既存建築に設置された配線ラックや配管経路に合わせ、廊下から見た際にすべてが一望できるよう細やかにスタディした。さらに、縦横無尽に駆け巡る配線ラックを照明に見立てる事により天井を抽象的な光の面に見立て、広い研究室のすべての場所で均質な照度を確保すると共に、各機器に付属するオペレーション用の機器の棚を配線ダクトに見立て、電源を天井から床に落とす仕組みをつくった。居室では元々3つの小部屋だった壁を取り払い、16人の研究者全員の活動が見渡せるような場所にした。大きな机が5つ、その上に2つの半透明な机が乗るという、机というモチーフで空間を整理した。エキスパンドメタルで製作された2つの机は、配線のためだけでなく、照明空調換気の設備機器が押込められた、いわば設備のための机となっている。

仕様

3F居室 65平米 5F実験室 240平米

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR)
建築築事務所
東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) 磯部縮退π集積プロジェクト

審査委員の評価

実験施設という機能本意の空間をここまですっきりと整理しリノベ―ションしたことが高く評価された。特に、照明やガラスパーティションでディスプレイのように見える実験室群は印象に残り、来訪者へのPRにもなると考える。機器配置に深く関わるこの施設は、研究者とデザイナーの信頼関係をもとにした共同作業の結果と捉えたい。

担当審査委員| 安田 幸一   高橋 晶子   廣村 正彰   山梨 知彦  

ページトップへ