GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
朝霞浜崎団地大規模改修 [アーバンフォレスト朝霞浜崎団地 バリューアップ計画]
事業主体名
独立行政法人都市再生機構 埼玉地域支社
分類
公共用の空間・建築・施設
受賞企業
独立行政法人都市再生機構 (神奈川県)
株式会社ステュディオハンデザイン (東京都)
三和建装株式会社 (東京都)
受賞番号
14G110929
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

住む人を主役にしたデザインによる団地の住環境再生計画。首都通勤圏の朝霞市、築38年975戸のUR賃貸住宅は保育園や店舗、緑地等を含む一街区を成す。現在住むのは、高齢者、子育て世代、独身世帯と多様。URとデザイナー、アーティストが協働し、住民の方々の生活動線を包む居心地良い愛着の持てる住環境に再生した。特に街区や住棟の共用部全体を軸に、統一的なコンセプトで団地特有の均質性ゆえの疎外感を払拭し、住む人の日々の生活環境に相応しいIdentityと豊かな表情を付加した。単なる改修に留まらずトータルなデザインによって団地の「裏」を「表」に転化させ価値化した。今、団地に棲む新たな魅力を発見してもらいたい。

プロデューサー

独立行政法人都市再生機構 埼玉地域支社

ディレクター

株式会社ステュディオハンデザイン 代表取締役 韓亜由美

デザイナー

全体計画・デザイン:株式会社ステュディオ ハン デザイン 韓亜由美、金光望 + イラストレーション:株式会社KABWA 黒田潔 + サイン計画:株式会社ネウシトラ 刈谷悠三、角田奈央

詳細情報

http://www.ur-net.go.jp/akiya/saitama/value_up/asakahamasaki/

随時募集
2014年3月
価格

48,300 ~ 77,600円 (※価格は募集賃料,1K/1DK[31㎡]〜1LDK/2DK[42〜43㎡])

販売地域

日本国内向け

設置場所

埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「URBAN FOREST/団地は森」首都圏かつ武蔵野の面影ある地域に森の豊かさと共生をイメージ

背景

URが所有/管理する70年代の賃貸団地のストック活用として、今回、住棟の大規模改修を機にデザイナーやアーティストを登用し、ハードのコストを抑制しつつ従来手法にとらわれない自由な方法論を探った。住む人が愛着を持ち、「友だちや彼女を呼べる」ように、斬新で洗練されたデザインによる団地再生を目指した。

デザイナーの想い

私自身、団地の高層階に住んだ経験がある。寝食の基盤で家族生活の舞台である住環境の影響は計り知れず大きい。コンクリートの箱の均質なマス目の中で、思春期の私は無力感を感じることもあった。一方、人間的な居心地の良い環境は人を包容し、人はそこに出会いや活動の場を築き共感や愛着を育む。そんな風に、現代の団地をコモンズとして、多様性の受け皿、子ども達の原風景としてデザインした。(韓)

企画・開発の意義

今回、経年劣化と無関心で疲弊した負の状況を、生活動線とコミュニケーション機会を活性化するコモンズ的発想で団地住民の自己イメージの変革を促し、住環境への関心とプライド醸成を図った。森の生態系が多様な生命の相互関係によってバランスを保ち豊かさを持続させるように。

創意工夫

どこも均質な団地の空間を豊かな森のイメージで大転換させるため、ディティールは繊細で有機的なアート表現を用いながら、全体はシステマティックな空間構成で統一感を貫いた。フロア毎に住人がアイデンティティーを感じられるよう外壁・内壁の塗装について綿密な色彩計画を行い、住棟内のあちこちに森の世界観でアーティストの描く各階固有の動植物のイラストを配置した。それが日々の生活動線の中に物語性を生み、出会いある風景を作る。進入禁止や落下防止の柵は、デザインフェンスを用い逆にアクセントに。住棟エントランスは、玄関に相応しい洗練されたデザインで、パブリックとプライベートの境界として位置づけた。オリジナルのロゴやサインなどが空間全体に整然とした統一感を高め引き締めている。居住中の工事であるため、コンセプトの理解と完成後の期待感を高める工事中景:仮設物デザインやワークショップにも取り組んだ。

仕様

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造 階数:1号棟:15階建て/2号棟:11階建て/3号棟:10階建て 住棟形式:ツインコリダー型住棟 竣工年月:1976年1月 敷地面積:約2.6ha 総戸数:975戸(賃貸住宅)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

UR都市機構 朝霞浜崎団地 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2
2014年春、ここにしかない森: アーバンフォレスト

審査委員の評価

高層団地の外観と住棟内吹抜に施されたグラデーショナルなカラーリングとグラフィックが楽しい。標準的な団地住棟を対象にした個性と魅力を見いだせるリノベーションモデルとしての質が評価された。

担当審査委員| 安田 幸一   高橋 晶子   廣村 正彰   山梨 知彦  

ページトップへ