GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
医療施設 [みずき内科クリニック]
事業主体名
株式会社山田デザイン研究室
分類
公共用の空間・建築・施設
受賞企業
株式会社山田デザイン研究室 (福岡県)
受賞番号
14G110927
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

隣接する田川市立病院との連携で地域医療に貢献する循環器内科のクリニック

デザイナー

山田浩史

詳細情報

http://www.yamadain.com

利用開始
2012年12月
設置場所

福岡県田川市糒1700-338

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

閉鎖的・重圧的でなく、軽快で開かれたイメージのクリニック を目指し、おおらかで明快なデザインとした。

背景

医師の絶対数の不足、都市部への集中、診療科の偏在という地域医療の現状があり、これからは医療機関の機能分担・連携が重要であるとされている。 開業希望の医師は医療連携による地域医療貢献を目指していた。

デザイナーの想い

個人医師の新規開業という一大事業に於いて、限られた予算内で最大限の建築表現が出来たと思っている。 循環器内科は高齢者の多い診療科であるが、装飾的表現や様式的表現よりも内部動線や機能的配置を重要視し、それがそのまま建築の構成となるよう心がけた。結果的に色あせる事なく永く使えるデザインとなったと思っている。

企画・開発の意義

前述のような社会背景から、本計画は地域の中核病院である田川市立病院の隣接地に計画され、よりスムーズな連携医療を目指すという当クリニック院長の意志を具現化し、地域住民のための生活支援活動の一部をサポートできたと思っている。

創意工夫

建築全体を印象づける屋根である3枚のプレートを軽快に浮かした表現と、その厚みを実現するためのディテール。軽快さを強調するための120φ鉄骨柱の構造的解決。外部から室内の微妙な見え隠れを創り出す開きつつ閉じるコンクリート自立壁の設置。これらの要素が絡み合い全体を構成している。 また、高齢者が多い診療科のため駐車場の利用しやすさ、内部レイアウトの分かりやすさを心がけた。地域のかかりつけ医として定着することを願って取り組んだ。

仕様

鉄骨造2階建、延べ床面積471.86㎡、

どこで購入できるか、
どこで見られるか

福岡県田川市糒1700-338
M-clinic

ページトップへ