GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・未来づくりデザイン賞

受賞対象名
商業施設 [マーチエキュート神田万世橋]
事業主体名
株式会社JR東日本ステーションリテイリング、公益財団法人東日本鉄道文化財団
分類
産業用の空間・建築・施設
受賞企業
株式会社JR東日本ステーションリテイリング (東京都)
公益財団法人東日本鉄道文化財団 (東京都)
株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所 (東京都)
みかんぐみ (神奈川県)
受賞番号
14G110916
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マーチエキュート神田万世橋は、中央線の起終点として1912年(明治45年)に開業した旧万世橋駅の鉄道遺構をリノベーションした商業空間です。2013年9月に約100年の時を経て人々の集う施設としてよみがえりました。繁栄を極めた明治から大正時代にかけての万世橋駅界隈に、文化人が集う「サロン」をイメージした「万世橋駅サロン」をコンセプトに、神田須田町エリアから周辺地域の文化、情報を発信していきます。また、「マチとのコトづくり」をかかげ、地域と連携し、共に発展していく商業施設と位置づけています。レンガ高架橋の美しいアーチ空間を残し、極力手を加えないシンプルな構成となっています。

デザイナー

株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所 冨加見正二郎、川村康成、石崎享、高橋彩+株式会社みかんぐみ 加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツ、松野由夏(元)、佐藤圭(元)、寺岡徹

詳細情報

http://www.maach-ecute.jp/

開業日
2013年9月14日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都千代田区神田須田町1-25-4

仕様

敷地面積:2592.45㎡/床面積:1996.87㎡/構造:1階れんが造(既存)1724.19㎡/2階鉄骨造272.68㎡/主な仕上げ 〈既存高架橋部分〉 外壁:れんが化粧積み(イギリス積み) 開口部:鋼製サッシ溶融亜鉛メッキ+リン酸処理 床:デッキ材フローリング貼り 壁・天井:コンクリート現し 〈2階増築部分〉 屋根:外断熱露出シート防水 外壁:腰部アルミパネルアルマイト仕上げエンボス加工

受賞対象の詳細

背景

この場所は1912年に鉄道の駅として開業し1936年から2006年までは交通博物館として利用され、 交通博物館移転に伴い使われなくなった場所でした。敷地内のオフイスビル計画と共に高架橋の開発計画が始まり、地域活性の目的から商業施設が造られることになりました。レンガ高架橋の歴史的価値を活かしながら、往時の「マチ」の活気を呼び起こす施設として計画が始まりました。

デザインコンセプト

背景(過去)、風景(現在)、情景(未来)をつなぐ場と捉え、「景ヲ継グ回廊」としました。

企画・開発の意義

背景(過去)-明治時代から受け継がれた歴史的価値のある鉄道遺構を極力そのまま残して使うこと。 風景(現在)-現在の技術や生活様式の中で美しい佇まいで存在すること。 情景(未来)-将来に向けての示唆と刺激を与える建築であること。 それぞれの「価値」を見出し、3つの景をつなぐことで「場が持つ力」を感じられるようにしました。 新旧、新しい技術と歴史的遺構の融合、利用者に共感を得られる空間をめざしました。

創意工夫

3つの景の表現として、構造レンガなど計画段階で残された過去のモノは必要最低限の補修を加え、ありのままを見せる。新しく加えるモノ(素材)は現在のシンプルで力強いものを用いる。また、素材は未来へ残るように本物を使うという条件のもと計画を進めました。「場所が持つ力」を損なわないように、設備は床下に埋め、空調機等本来天井にあるものは床置きとしました。また、基本、間接照明を用いてアーチ空間を柔らかく浮かび上がらせるような表現としています。構造体であるレンガ、補強材のコンクリート、建具のスチール溶融亜鉛メッキリン酸処理が3つの景の象徴となっています。開口部は極力大きくすることで、高架下という閉ざされた空間の中でも窮屈さを感じず、むしろ開放感を覚える空間になっています。今まで神田川側は壁がありましたが、全面ガラスにデッキを設けることで川との一体感を創出できたと思います。

デザイナーの想い

継承された文化や駅としての記憶を残すために、恣意的なデザインを施すのではなく、歴史そのものを体感できるように考えており、コンクリートと煉瓦の新旧の素材のコントラストを活かし、内部空間やアーチがつくる景観 が際立たつよう建物を計画しています。神田川に面するオープンデッキや、隣敷地ビル の公開空地と連携を図るなど、都市の新たな場所の創造も行っており、建物だけでなく周辺地域の歴史も体感して頂きたいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都千代田区神田須田町1-25-4
株式会社JR東日本ステーションリテイリングホームページ
マーチエキュート神田万世橋ホームページ
公益財団法人東日本鉄道文化財団ホームページ

審査委員の評価

長らく使われることなく放置されていた旧万世橋駅が、単なる改築にとどまることなく魅力的な商業施設として再生され、「サロン」が正に生み出されている点が素晴らしい。水面に向かって解放された空間や、線路敷きに隣接するプラットホーム状の空間など、周辺の空間資源を適切に用いたデザインが、デザイナーの確かな手腕と深い洞察とを感じさせる、質の高い仕事である。市民からも好感を持って受け入れられている点も高く評価したい。

担当審査委員| 安田 幸一   高橋 晶子   廣村 正彰   山梨 知彦  

ページトップへ