GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
賃貸住宅(リノベーション) [外部性を宿す都市の箱(水木通プロジェクト)]
事業主体名
大和船舶土地株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
有限会社ランドサット (大阪府)
大和船舶土地株式会社 (兵庫県)
受賞番号
14G100892
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

多様な用途の建物が建ち並ぶ雑多な街並に建つこの集合住宅は、低層階にオフィスが入居した雑居ビルです。本提案は、築40年以上のこのRC造集合住宅を、既存の住人が生活する中で、空室から順々に改修していくプロジェクトです。現在203号室と302号室が完成し、303号室を計画中です。完成した2住戸は「路地」や「庭」といった外部性が感じられる要素を住戸内に挿入し、計画地周辺に広がる雑多な街並のような、様々な色彩、素材が混在したインテリアを展開しました。従来の与えられた用途に従属的に住む賃貸住宅とは異なり、住人が自由な発想で主体的に住みこなしていく新しい賃貸住宅となっています。

プロデューサー

大和船舶土地株式会社 鈴木祐一

ディレクター

有限会社ランドサット 安田利宏

デザイナー

有限会社ランドサット 安田利宏

詳細情報

http://www.daiwasenpaku.co.jp/

利用開始
2014年5月
販売地域

日本国内向け

設置場所

神戸市兵庫区水木通8丁目1-24

仕様

RC造5階建リノベーション(2F-203号室/3F-302号室) 床面積36.68㎡/38.80㎡

受賞対象の詳細

背景

神戸市兵庫区水木通周辺は、隣接する三宮などの中心街とは異なり、オフィスや町工場、住宅、商店などが混在した雑多な街並が広がっています。駅からのアクセスも良い利便性の高いエリアです。しかしこの集合住宅は多様化する現在の賃貸住宅の需要に対応しきれず、空室が目立つようになりました。その為空室を現在の需要に対応できる形へと順々に改修し、この集合住宅の活性化を図るプロジェクトが始まりました。

デザインコンセプト

雑多な周辺環境のようなインテリアによる、住人が主体的に住みこなしていくことを促す住戸デザイン。

企画・開発の意義

様々な色彩、素材が混在したインテリアから、住人が主体的に空間の使い方を見つけ出すことで、従来の与えられた用途に従属的に住む賃貸住宅とは異なる、多様化する需要に柔軟に対応できる新しい賃貸住宅を実現できると考えています。これにより、住居と住人の互いに影響し合う関係性が構築され、時代から取り残されつつあるこの集合住宅を活性化させることに繋がっていくと考えています。

創意工夫

203号室は、水廻りを中央に配し、「ロジ」に見立てた通路空間を巡らせ、自由に使える細長いL字型のフリースペースを挿入した空間構成となっています。亜鉛メッキ鋼板による壁仕上のフリースペースは、強力磁石によりライフスタイルに応じて自由な位置で空間を間仕切れるカーテンを設け、住人の主体的な空間利用を促します。「ロジ」に見立てた空間は、SOHOタイプであるこの住戸の生活動線と仕事動線を機能的に展開しています。302号室は、共用廊下→LDK→サニタリースペース→個室→サンルームという内と外の空間がレイヤー状に入り交じった空間構成となっています。「ニワ」に見立てたサニタリースペースは広さを十分確保することで、住人の主体的な使い方を促します。また、ガラス張りにすることで、視覚的には大きな1ルームのような伸びやかなインテリアを確保しています。

デザイナーの想い

住人が自ら使い方を模索していくことで、今回の改修によって生まれ変わった住戸に、自分に適した住まい方を創造してほしいと考えています。一時的に住まう賃貸住宅ですが、住人と住居が互いに刺激し合うことで、時代から取り残されつつあるこのマンションが活性化されることを望みます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大和船舶土地株式会社
大和船舶土地株式会社
有限会社ランドサット

審査委員の評価

本提案は、集合住宅の空き部屋を順次リノベーションしながら、年数をかけて全体をリノベーションする方式によるもので、均質だった住戸プランを一新し、それぞれに異なる空間的な質感を持つユニークな居住空間に仕立て上げている点が評価された。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ