GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
セキュリティの意義を見つめ直す集合住宅 [プラウド綱島上町 『強固なセキュリティ』よりも大切な『幸せな空気感』]
事業主体名
野村不動産株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
野村不動産株式会社 (東京都)
受賞番号
14G100870
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

<分譲マンションの『定石』を、見つめ直すことで得られた『新たな価値』> 日本の分譲マンション市場では『安心・安全、強固なセキュリティ』という絶対的セールストークとともに敷地外周沿いを、城壁の様な高いフェンスで囲い最新の機械警備を施した過剰なまでに閉鎖的な住まいが量産されている。本件では分譲マンションの『定石』であるこの<セキュリティライン>という概念を再考し、敷地中央の中庭を地域の人々が集える空間とする一方、周辺エリア(土手や公園)も、この開放された中庭に連続する空間として、入居者が積極的に利用可能なものとし、結果として入居者に『強固なセキュリティ』に代わる『新たな価値』を提供した。

プロデューサー

野村不動産株式会社 住宅事業本部 神奈川事業部 部長 梶貴之、副部長 船木義和

ディレクター

野村不動産株式会社 住宅事業本部 課長代理 東伸明

デザイナー

株式会社長谷工コーポレーション エンジニアリング事業部 山本富雄 毛利俊彦 岡田毅 倉持美香 +マノアデザイン株式会社 永井幹子

利用開始
2012年9月
販売地域

日本国内向け

設置場所

神奈川県横浜市港北区綱島上町48番1

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

『この地の川の流れや大らかな空気感に価値を感じる』 そんな人々が「心地よい」と感じる住まいを目指した

背景

<過剰な「高級感」や「セキュリティ」よりも、大切にしたい『価値観』が、ここには存在した> 一級河川の合流地点に位置するこの地には、大きな空が広がり、川べりには爽やかな風が吹く。そんな風景が広がる河川敷。企画・開発するにあたり企画当初は「高級感」などに軸足を置いていたが、東日本大震災を経験することで人と人との繋がりの大切さを再認識し、シンプルに人々が「心地よい」と感じる住まいを目指すことになった。

デザイナーの想い

<『誰のための住まいか?』 一貫した想いに貫かれたプロジェクト>  2本の川の合流地点に位置する、風情豊かなロケーションは、ゆったりとした川の流れと共に、潤いある穏やかで上質な暮らしを期待させる。 川沿い特有のこの空気感にこそ価値を感じる人々の為の住まいをつくることが、全てに通じるテーマであり、この土地の空気感を体現する為に、配棟を含め、建築デザインの果たす役割が、強く問われることとなった。

企画・開発の意義

<問題を解決する『ヒント』は、その昔、この敷地に建っていた団地が教えてくれた>  高いフェンスや最新の機械警備を施した、「強固なセキュリティ」で守られた住宅が失ってしまった風景。この敷地に昔あった団地のように、近所の子供達が集まり、スイカ売りが来てその周りで楽しげな会話が始まるような、そんな穏やかな空気が流れる、「しあわせな時間」がこの地には相応しいのではないかと考えた。

創意工夫

<確かに存在する『既存の価値』を大切にすることで、地域の新たな資産となることを目指す> 河川敷を見渡せば、通学途中の高校生や、四つ葉のクローバーを探す子供、ジョギングをしているカップルとその横を通り過ぎる小学生たち。この建物のデザインは、この場で共有されている「穏やかな川の流れ」と「ゆったりとした時間」をヒントに展開していった。従来のマンションは「強固なセキュリティ」で囲まれた場所になりがちだが、この地の「おおらかさ」を活かし、垣根のない開放感あふれる集合住宅を目指した。住民や地域の人々が集まるオープンな空間をつくりだす為に、大幅な配棟計画の変更を実行。駐車場エリアの移動やエントランス位置の移動などの配棟計画の変更により、住棟に抱え込まれた開放感ある空間をつくり出し、中から外へと人や自然とのつながりが広がる、「地域の大きな資産」が誕生した。

仕様

鉄筋コンクリート造 地上5階建地下1階建 集合住宅 108戸

審査委員の評価

マンションにおけるセキュリティー構築の概念を基本から見直すことで、開放感の高い共有空間を生んでいる。エントランスまでの中庭的な外部空間には、道路との間にゲート的なしつらいを設けて外部者に対して心理的な境界を形成している。分譲マンションの住棟と周辺外部との関係を捉え直す意欲的な取り組み。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ