GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [ジオ新町]
事業主体名
阪急不動産株式会社+NTT都市開発株式会社+大阪ガス都市開発株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
阪急不動産株式会社 (大阪府)
NTT都市開発株式会社 (東京都)
大阪ガス都市開発株式会社 (大阪府)
受賞番号
14G100865
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本件は大阪市西区に立地する382戸の大規模集合住宅である。本町・難波を中心とするビジネス街にほど近い立地特性を生かし、ハード・ソフト両面で共働き子育て世代を支援し、「都心で働き、住まい、育てる」事を実現している。建物内に設置した都市型保育園は入居者特典を付与する一方、地域住民の利用も可能とし、地域に開かれた開発としている。また、従前には無かった歩道を隣接する公園と一体的に敷地周囲へ整備。四季折々の植栽によって、緑溢れる安全な遊歩道を創出したことで周辺環境への配慮も行っている。本計画が仕事と家庭を両立しながら、働く女性や住まう方がより自分らしく日々を愉しむ住まいのモデルケースとなる事を目指した。

プロデューサー

阪急不動産株式会社 林政明、古橋俊一郎、田井亜矢子、長江麻衣子+NTT都市開発株式会社関西支店 大前敬志、安達大輔+大阪ガス都市開発株式会社 増村友隆、冬野雄一郎、寺澤一彦

ディレクター

株式会社タスク・フォース 企画開発本部 安福まさみ

デザイナー

株式会社長谷工コーポレーション 大阪エンジニアリング事業部 中條広隆

利用開始
2014年6月
価格

26,200,000 ~ 50,900,000円

設置場所

大阪府大阪市西区新町3丁目1番17

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

職住+「育」近接のライフスタイル提案と地域社会への子育てインフラの提供

背景

近年大阪市中心部は、都心回帰ニーズに対応したマンション開発によって、人口の増加傾向が著しいエリアである。本件が立地する西区においても、子育て世代の流入・共働き世帯の増加によって招かれた待機児童数の激増は大阪市内随一であり、子育てインフラが現状に追いついていない状況である。本件では都市型保育園の併設により社会的な要求に対応しながら、様々な就業形態やライフスタイルに応える集合住宅の開発を目指した。

デザイナーの想い

「都心で働き、住まう」というコンセプトのもと、単なる住宅供給の枠を超え、住まう方のライフスタイルを応援し、また地域が抱える問題を少しでも解決出来ないかと考えた。世代を超えた入居者が触れ合える場の提供、住宅の防犯と地域への開放と言う相反するニーズへの対応も動線や建物計画を工夫する事で解決している。「職住近接」に「育」を追加した本物件が、今後の住まい方のモデルケースとなるよう想いを込めている。

企画・開発の意義

職住近接に「育」という概念を加えることで、DINKSやシニアを中心に広がっていた都心回帰を、ファミリー層が子育てをしながらでも享受できる価値として提供している。また、敷地内都市型保育園を地域住民も利用できるようにすることで、地域の抱える待機児童数の減少を意図している。 職住育近接という価値観が実現・浸透することで、居住者ならびに地域のワークライフバランスが向上することを願っている。

創意工夫

コンセプト具現化のために、子育て支援環境について、ハード・ソフト両面からアプローチしている。 ハード面では、敷地内に都市型保育園やキッズルームをはじめ、スタディルーム・キッチンスタジアム等を設置し、外構では敷地北側の一角に東側隣接の公園を含めた周辺環境と美しく溶け合う児童遊園を設置した。また、エントランスからはワイドなガラス越しに植栽と木漏れ日が見え隠れするデザインとしている。 ソフト面としては、上記共用施設を活用した入居後のコミュニティ支援策を立案。入居後すぐに入居パーティの開催、子育て・ヨガ・料理等様々なサークルの立ち上げ支援、各種イベントやサークル・その他住まいの情報共有や入居者同士がWEB上でもコミュニケーションが図れる入居者専用のホームページの開設、などを実施する。さらに、これらの取組みが継続するよう、入居者主体の運営委員会を組織することで、持続可能な体制づくりにも配慮している。

仕様

鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上20階建、382戸、敷地面積5,617.75㎡、延べ面積38,594.27㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪府大阪市西区新町3丁目1番17

審査委員の評価

共働き子育て世帯をハードとソフト面で支援することをテーマに掲げた大規模集合住宅である。1階に保育所を併設し、大阪市で初めて「大阪市子育て安心マンション」と「ミキハウス子育て総研」の認定を受けている。外部空間にも安全な中庭を備え、住戸にも子育てを考慮したファミリースペースを備えており、市街中心地の大規模集合住宅でありながら多様なコミュニティを内包するすまいを予感させる。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ