GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [ハコット]
事業主体名
株式会社長谷川
分類
住宅・住空間
受賞企業
株式会社長谷川 (大阪府)
受賞番号
14G100814
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

HACOTとは、箱(HACO)に家族だけのプライベートな中庭(COURT)を持つコートハウスであり、建築家の造る美しいデザインやディテール、性能や住み心地を「いつでもどこでも再現できる」ようにプロダクト化した住宅である。ただ囲うだけのコートハウスではなく、囲い方をコントロールする事ができ、建て主のニーズに合せて光、風、プライバシーを同時操作する事が可能。また、室内と中庭を一体的かつ同時にデザインする事により、家の中に『風景』を造り出す。家の中に風景を造るという事は、空間的な風景だけではない。建て主の想う風景の要素を丁寧に抽出すれば、そこに住まう人にゆとりや安らぎの効果をもたらすことが出来る。

プロデューサー

株式会社長谷川 設計部 田代将庸

ディレクター

株式会社長谷川 設計部 田代将庸

デザイナー

株式会社長谷川 設計部 田代将庸

詳細情報

http://hacot.jp

発売
2012年3月1日
価格

1,459 ~ 2,213万円

販売地域

日本国内向け

仕様

木造戸建て住宅

受賞対象の詳細

背景

インターネットでの情報収集が一般的になった現在、年々デザインに対しての認識や要望が多様化している。ユーザーは本当に気に入ったものを求めている。また住宅業界も年々住宅着工戸数が減少する中、画一的な大量生産型の建売住宅の時代は終わり、他社と明確に差別化したコンセプトを持たないと生き残れない時代だと考える。逆を言えば質の高い住宅はデザイン性とともに面白い未来が待っているのかもしれない。

デザインコンセプト

家の中に風景をつくること。 ユーザーのニーズに合わせて光・風・プライバシーを同時操作できること。

企画・開発の意義

住宅とは室という空間以外に人の感情を受けとめる空間が必要だと考える。 その中庭という空間を室内と一体としてデザインすることにより、都市において開放性とプライバシー性を同時に手に入れることができる。家の中に風景をつくることにより、住まう人にゆとりや安らぎの効果をもたらすことが出来る。また囲うことと解放することをパターン化しユーザーの要望に合せて光、風、プライバシーを同時操作することができる。

創意工夫

①木造において家の中に中庭という空間を取り入れかつ開放的に室内と連続させる事は、 構造的に厳しい条件となる。また耐震等級3が標準となるとさらにハードルが高くなる。そこで全棟応力度計算を行い外殻を箱型のプランとし構造バランスを取りやすくした。 ②中庭の囲い壁の高さを段階に分ける事が出来、またそれに格子を組み合せる事も出来る。これにより光と風の濃度とプライバシー性の濃度をユーザー自身でコントロールし決定する事が出来るようにした。③中庭の素材をウッドデッキ・タイル・植栽・敷石などの素材を選択する事が出来、ユーザーが想う風景をつくる事が出来るように考えた。 ④毎日の行為に彩りを与えたい。中でも最もリラックスする事が出来る入浴の時間をより一層楽しめるように、バスルームから中庭を望めるように配置している。1.2m角のビューウインドウからはバスタブに浸かりながら中庭の植栽や夜空を眺めることが出来る。

デザイナーの想い

なんでも許容できる大きな一室に住まうという考え方は、もはや一般的になりつつある。しかし大切なのは単なるニュートラルな器を用意することではなく、そこで過ごす時間を豊かにするポテンシャルを与えることではないだろうか。それは素材や空間のヴォリュームの昂揚と共に、光や風、人の感情などの見えない素材を空間の構成要素に入れ込むことで、大きな空間の中にさまざまな密度の違いを生み出すことではないのかと考えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社長谷川 大阪府泉佐野市鶴原1-5-22、モデル1大阪府田尻町・モデル2大阪府熊取町
HACOTウェブサイト
suumo 注文住宅 大阪で建てる

審査委員の評価

中庭を取り入れて空間を高度利用することや、ユーザーがプランをカスタマイズできる、といった注文住宅的なメリットを、標準化住宅として実現している点を高く評価できると思います。住宅性能の確保や施工性、効率的な構造計画などが、シンプルなデザインの中で充分吟味され、完成度の高い商品化住宅になっていると思います。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ