GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
工業化住宅 [パルコン ベイル]
事業主体名
大成建設ハウジング株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
大成建設ハウジング株式会社 (東京都)
受賞番号
14G100803
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

耐震・耐火・耐風の安全性能と耐久性能に優れた壁式鉄筋コンクリート構造の「PalconVEIL(パルコンベイル)」は、都市部における排気ガスや花粉、PM2.5など、空気環境に対応することをメインコンセプトとしたモデルである。外部との関係性を考え直し、当たり前に設計されてきたバルコニーを配置せず、屋内にいながら屋外の気分を味わえ、空気環境を気にせず安心して過ごすことができる「マドノマ」のある暮らしを提案している。「マドノマ」はライフスタイルに合わせて、インナーテラスや書斎などフレキシブルに使える。ファサードデザインはシャープな全面ガラスとし、風景を映し出し、街並みに溶け込むことを意図している。

プロデューサー

大成建設ハウジング株式会社 営業統括部長 木村伸二

ディレクター

大成建設ハウジング株式会社 営業統括部商品企画部長 大崎行典

デザイナー

大成建設ハウジング株式会社 営業統括部商品企画部商品企画グループリーダー 渡辺和之

詳細情報

http://www.palcon.jp/product/Palcon-Veil/

発売
2013年12月10日
価格

700,000円/坪 (「PalconVEIL(パルコンベイル)」のファサードデザインは2階建・3階建・4階建に展開可能であり、オーダー設計にてプランニングする。従って、販売価格も個別見積りにて算出することとなる。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

悪化する都市部の空気環境に対応しながら、採光・眺望・プライバシーを確保できる住まい。

背景

都市部における自動車の排気ガスや花粉、PM2.5など、空気環境が悪化している昨今、壁式鉄筋コンクリート構造の工業化住宅「Palcon(パルコン)」はこの問題にどのように対応していくかが課題と考えた。住まう人が快適に暮らすためには、今まで当たり前に設計していた外部との関係性を改めて考え直し、鉄筋コンクリート住宅の強さを活かした「Palcon(パルコン)」ならではの解決を求め、新商品の開発をめざした。

デザイナーの想い

ファサード面を全面ガラスとすることで、周囲の風景を映し出し、街並みに溶け込むこと。バルコニーをつくらずインナーテラスとすることで、ファサード面に洗濯物などを出さず景観を壊さないこと。死角を作らないファサード面の計画と全面サッシの視認性によって、防犯に配慮をすること。など、住まう人が快適に暮らせる家づくりと美しく安全な街づくりを目指し、提案している。

企画・開発の意義

屋内にいながら屋外の気分を味わえ、空気環境を気にせずに安心して過ごすことができる「マドノマ」の提案。「マドノマ」は自然光豊かな明るく開放的な空間で、インナーテラス・書斎・トレーニングルーム・畳スペースなど、ライフスタイルに応じてフレキシブルに使える。奥に配するリビングや寝室などの居室は、外部との間に「マドノマ」を配置することで、採光を確保しながらプライバシーを守る暮らしができる。

創意工夫

壁式鉄筋コンクリート構造としての耐力壁を「マドノマ」の室内側に確保するという構造計画上の工夫によって、通常はバルコニーとなるファサード面に全面サッシを取りつけた+αの空間「マドノマ」を実現した。全面サッシについては、防火・準防火地域内で延焼ラインにかかる位置での使用は幅4000mm以下、且つ高さ2400mm以下という制限があるため、これを超えない範囲で中間にコンクリート壁を挟み、制限以下のサイズにしている。また、外付けブラインドをオプションとして設定し、夏の日射を遮断し、室内の温度環境への影響を最小限に抑え、空調のエネルギー消費に配慮している。「マドノマ」空間に替えてバルコニーとして利用する場合も想定し、ミスト散布システムによって周囲の温度を下げることも提案している。その他、スリットのスクリーンや緑化スクリーンも設定し、住まう人の暮らしと趣向だけでなく、環境への配慮も充分に検討した。

仕様

メイン画像に使用した3階建モデルプランは、間口6,200mm×奥行き11,000mmで延床面積は177.04㎡(53.54坪)であり、最高高さ(PH付)は11,385mmとなる。尚、最高高さについては、3階建で9,035mm、2階建で6,235mmが標準となる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都新宿住宅展示場 東京都新宿区西新宿4-36 など全国38展示場
パルコンベイル

審査委員の評価

「マドノマ」と呼ぶ屋内外のバッファスペースを設けることは、より多様な生活スタイルへの対応できるだけでなく、将来の改修にも有効のではないかと思います。大胆かつシンプルにガラスを用いた外観も、住宅地における新しい街並みを感じさせるデザインです。今後はこの「マドノマ」を住宅の省エネルギー化に対しても役立たせる、という展開に期待したいと思います。

担当審査委員| 古谷 誠章   篠原 聡子   難波 和彦   日野 雅司   松村 秀一  

ページトップへ