GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
日本航空国内線 [JAL SKY NEXT 普通席]
事業主体名
日本航空株式会社
分類
公共用の移動機器・設備
受賞企業
日本航空株式会社 (東京都)
受賞番号
14G090778
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ひとつ先のスタンダード」をテーマに、くつろぎ、利便性、新しい価値をご提供するJALの国内線飛行機、「JAL SKY NEXT」の普通席です。 国内線をご利用される多くのお客さまが快適にお過ごし頂けるよう様に、新型スリムシートを導入して、足元スペースを5センチ拡大しました。快適性の向上を図ると共に、スタイリッシュでトータルコーディネートされた座席が、機内インテリアを刷新した新仕様の機内を、上質な空間として表現している。

プロデューサー

日本航空株式会社 顧客マーケティング本部 商品サービス開発部 部長 畠山隆久、宣伝部 部長 宍倉幸雄

ディレクター

株式会社GKインダストリアルデザイン プロジェクト開発担当 阿久津雄一

デザイナー

株式会社GKインダストリアルデザイン 第一デザイン部 松本 学、第二デザイン部 細萱ひとみ

詳細情報

http://www.jal.co.jp/dom/skynext/

発売
2014年5月
価格

10,200 ~ 37,990円 (羽田-福岡、大阪、札幌、沖縄他)

販売地域

日本国内向け

設置場所

JAL SKY NEXT 機内

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

スタイリッシュで新・間隔の快適さ。本革のしっとりとした肌触りと包み込まれるような座り心地。

背景

競争激化する事業環境において当社中期計画(2012/2/15発表)にて掲げている「2016年度までに顧客満足No.1」を達成し、「お客さまから愛され一番に選ばれるエアライングループ」となるため、競合他社の先を行く「お客さまが常に新鮮な感動を得られるような商品・サービス」。

デザイナーの想い

航空機の中、特に普通席(エコノミークラス)では何らかの不自由を感じる事が多い。例えば、「普通に足を組み直せるか?」、「通路に出やすいか?」、「倒したシートバックが迷惑と感じていないか?」等々。小さな事かもしれないが意外とストレスに感じるものだ。今回のシートではスリム化と形状の工夫により得られたこのプラス5センチは寸法以上に大きなものを手に入れたと実感いただけると幸いである。

企画・開発の意義

狭い事が普通と思われてきた「普通席」の常識をJALが変える。お客さまの居住性を高めながらさらに上質である事。開発テーマは「ひとつ先のスタンダード」、常にお客さま視点を大切に「最高の普通席」をゴールに設定。

創意工夫

新設計の「普通席」では構造や素材から見直し、スリム化と形状の工夫により膝まわりを5センチ拡大。現状の座席数を確保しつつお客さまの居住性を高める事に成功した。膝前が緩やかにえぐられた背面形状により着席時には寸法以上の広さを感じられる。また、素材に関しても革は布地に比べ滑りやすい傾向があるため、表面のシボやステッチの入れ方、クッション形状の工夫により、リクライニング時にも滑りにくく自然なホールド感が保たれるように配慮した。特に座面と背面の赤いステッチには経年劣化(革の伸び)対策としての機能も持たせている。

仕様

日本航空株式会社 国内線普通席

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本航空HP
JAL- 航空券 予約・空席照会・運賃案内-
国内線 新クオリティ JAL SKY NEXT

審査委員の評価

座席をスリム化することで間隔を広げ、ゆったりとしたすわり心地を実現しているデザインを高く評価したい。本革の包み込まれるような座り心地と落ち着いたカラーリングは、エコノミークラスであるにも関わらず一段上のサービスを感じさせる仕上がりとなっている。

担当審査委員| 山田 晃三   根津 孝太   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ