GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
油圧ショベル [SH135X-6]
事業主体名
住友建機株式会社
分類
産業用の移動機器・設備
受賞企業
住友建機株式会社 (東京都)
受賞番号
14G090768
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

SH135X-6は、狭い建設現場での作業性を高めた、標準型機よりも後端をコンパクトにした後方小旋回型モデル。環境対応として排ガス規制エンジン搭載と共に、各安全機能の開発を行った。①FVM(周辺確認支援システム)複数のカメラ画像の合成処理で損失するエリアを無くし、周囲に居る作業者等の存在を表示する工夫を加えた住友独自のシステム。②キャブ(運転室)の転倒時保護構造 機体転倒時にオペレータを保護するキャブ高剛性化、同時に高い視界エリアとの両立化を確保。

プロデューサー

住友建機株式会社 技術部 部長 福士敦夫

ディレクター

住友建機株式会社 技術部+株式会社GKインダストリアルデザイン 代表取締役 山川美朗+株式会社コボデザイン 常務取締役 熊沢雅紀

デザイナー

エクステリア:株式会社GKインダストリアルデザイン 第1デザイン部 副部長 津曲兼利/第3デザイン部 第3デザイン室 室長 若尾講介+インテリア:株式会社コボデザイン 黄木靖、村松甫

詳細情報

http://www.sumitomokenki.co.jp/excavator/back/index.html

発売
2012年12月15日
価格

15,520,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「運動性能」「経済性能」「快適性能」および後方小旋回型ショベルとしての革新的な安全性の進化

背景

都市など狭い建設現場では周囲構造物、作業者との接触回避のため後方小旋回型が求められる。しかし、機体後部を短くしたが、クローラ(足回り)やフロント(腕)は機能上その範囲には納められない。そのため、後進時には後端部より前にクローラ(足回り)が接触し被災するなど新たな問題もあり、より安全性の向上が求められている。

デザイナーの想い

室内においてはオペレータのストレス軽減を目指した空間、スイッチの大きさなどユニバーサルな観点で展開。 外観は、作業者視点に加え、一般人の目に触れる現場での後方小旋回機としての存在感を視点の一つとして捉えそのデザインを目指した。安全機能との相乗効果により競合他社機との差別化、同社の他機種とのシリーズ整合性を考慮することでブランドアイデンティティの向上を目指した。

企画・開発の意義

今後、さらに需要が期待される後方小旋回型ショベルの運動性能、燃費性能、安全性の革新化を図り、建設・土木現場でのシェアの拡大を狙う。また、本製品の安全に対する機能をもって、現場作業での安全改善の一翼を担う存在となることを目的とする。

創意工夫

後方小旋回型ショベルに求められる機能、安全性、企業イメージを、デザインを通して1つに表現できないかと考えた。①機能的制限から高くなるボディ形状をコンパクトに表現するための面構成、カットライン。②視界の向上や剛性感を表現した運転席デザイン。③運転性ドアを開けた状態で旋回してもぶつけないことを考慮した左側デザイン。④LEGEST シリーズのアイデンティティの統一と整合性。⑤小旋回機として限られた室内空間で圧迫感のない内装造形。⑥運転室内でオペレータが運転姿勢を維持したままで操作できるスイッチ配置、視認性、大きさ。⑦モニタ情報を瞬時に理解できるアイコン、文字サイズ、階層表示。

仕様

①バケット容量(新JIS):0.50㎥②運転質量:13600kg③定格出力:74.9kW/2000rpm④排気量:2.999L(2999cc)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

住友建機株式会社
住友建機株式会社
SH135X-6

審査委員の評価

大型重機でありながら、細かいところまで配慮の行き届いた設計がなされており、使用者にも周囲にも安心感を与えるデザインを実現した。操縦席からの視界は広く、視覚的ノイズも少ない。レバーやペダルなどの操作系も非常にスマートにレイアウトされており、使い心地のよさを十分に感じさせる品質を獲得している。

担当審査委員| 山田 晃三   根津 孝太   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ