GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ブラストチラー トロリータイプ [HBC-20A3]
事業主体名
ホシザキ電機株式会社
分類
流通・販売用の機器・設備
受賞企業
ホシザキ電機株式会社 (愛知県)
受賞番号
14G080678
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近年、集団食中毒事故により更なる食の安全が求められる中、行政指導により大量調理現場では新調理システム(クックチル、ニュークックチル)が広がりつつある。本機は新調理システム過程の中の一つで、トロリー仕様のスチームコンベクションオーブンにて加熱調理された食材をトロリーごと急速冷却(90分以内に細菌が繁殖しにくい0℃〜3℃まで冷却)できる機器。食の安全を第一に考え、業界初の扉ピラーレス構造で、冷却器や庫内隅々まで洗浄する事ができ、清掃性が向上。また業界最小の設置面積により狭小な厨房環境でも導入し易くなった。エンドユーザーにとっては解り易いワンタッチ操作で、作業効率が向上した。

プロデューサー

ホシザキ電機株式会社

ディレクター

ホシザキ電機株式会社 技術企画部 グローバル技術企画課 デザイン係 係長 奥田 祐

デザイナー

ホシザキ電機株式会社 技術企画部 グローバル技術企画課 デザイン係 郡市 稔

発売
2014年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

病院、老健、ホテル、食品加工工場、セントラルキッチン

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

食の安全を第一に考え、より衛生に配慮した構造とコンパクトで操作性の良いデザイン。

背景

食中毒を予防する為にHACCPの概念に基づいた新調理システム(クックチル、ニュークックチル)の普及により、市場も徐々に拡大する中、食の安全を提供するために、より衛生的でより使い勝手の良い製品を市場に投入すべく開発に至った。

デザイナーの想い

食に対する安心と安全は永遠のテーマで、フードソリューションメーカーとして製品を通じ、安心・安全を提供できるよう市場調査を行い、より衛生的で清掃性が隅々まで行える扉ピラーレス構造や、汚れが拭取り易いSUSのフッ素コート材を用い、素材の持つ堅牢性、安心感、重厚感あるイメージをユーザーに与えつつも無骨な形状にならないよう加工展開など思慮。新調理システムの胆に当たる急速冷却機器として誠実なデザインとした。

企画・開発の意義

新調理システムにおける急速冷却の品質は確保しながらも、より衛生的な機器であるように扉ピラーレス構造(左右扉の合わせ面の柱がない構造)とする事で、庫内清掃時に手の届きにくかった冷却器の周りなど、隅々まで無理なくお手入れすることが可能となった。 製品の扉を観音開き構造とすることで、扉開閉時は最小限に抑えられ、狭小厨房でもコンパクトで操作性の良い製品となった。

創意工夫

サニタリー用の扉とピラーを一体化することで、扉ピラーレスの構造体が成立した。そのピラー部の形状は庫内の風の流れを考慮した形状となっており、各ホテルパンに入っている食材を効率良く冷却することに結び付けることができた。操作部パネルやフロントパネルにCカット処理を施し、圧迫感がないよう考慮した。使い勝手が良い操作部となる様、操作部の位置や各ボタンの大きさ、視認性を考え、様々な設置ロケーションや作業者の使いやすさを追求した。冷却完了時は、視認性の良い位置に表示灯を配置し、ブザー音と共にお知らせすることで、離れた場所や複数台設置した場合でも認識できる様に配慮した。

仕様

外形寸法:W990×D875×H2150(mm)、重量:215kg、電源:三相200V 50/60Hz、容量2.2Kva(6.4A)、消費電力:冷却時440/450W 霜取時 1575/1567W

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ホシザキ東京株式会社 他ホシザキ販売会社にて購入可能

審査委員の評価

食の安全と安心が求められる大量調理現場にとって、加熱調理された食材を迅速かつ効率的に急速冷却できる機器が求められている。本製品はメーカーごとに異なるトロリーの出し入れに対応し、かつ冷気漏れ防止に対する工夫もみられ、かつトロリーハンドルの収納においても作業者の悩みに応じたきめ細かい設計が施されている。さらに本機の最大の特徴である冷却用とサニテーション用の扉ピラーをなくすことで、冷却器や庫内の清掃の簡便さを維持し、食そのものの安全性の確保と同時に、調理現場の衛生面に対する安全・安心に気を配っている点は評価に値する。

担当審査委員| 朝倉 重徳   池村 明生   田子 學   樋口 孝之  

ページトップへ