GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
POSレジ [ブレインレジスター]
事業主体名
ブレイン株式会社
分類
流通・販売用の機器・設備
受賞企業
ブレイン株式会社 (東京都)
受賞番号
14G080673
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

応募対象であるブレインレジスターは、タブレット・金額表示器・レシートプリンターの3つの部品を、電子基板を介し一体型にした新しいレジである。また、タブレットを活用し一体型にするという構造概念で特許を取得。さらに、昨今中国や東南アジアでの製造が多い中、組立て、検品、出荷を全て日本で行うことで”Made in Japan”を実現。 従来のPOSレジが持つ問題は、デザイン性の低さ、サイズの大きさ、価格の高さ、操作の複雑性という4点に集約されるが、当製品はこれらすべての問題を解決。結果、今までPOSレジの導入が難しかった小規模な飲食店向けに販売し、オペレーションの効率化や顧客管理などに貢献している。

プロデューサー

天毛伸一

ディレクター

西野充浩

デザイナー

天毛伸一

詳細情報

http://www.blayn.com/

発売
2014年1月21日
価格

89,800円

販売地域

日本国内向け

仕様

サイズ(幅/奥行/高さ) 377×194×76(mm) 重量 約1.5kg Android4.1.1タブレット、金額表示器、レシートプリンターを電子基板を介して一体化

受賞対象の詳細

背景

大手企業が提供するPOSレジは高額で、小規模の店舗は導入することが難しい。また、新興企業によるPOSのアプリケーションは安価だが、周辺機器やネットワーク機器の接続にIT知識を要することや、注文をとるときのハンディが使えないことなど支障をきたす点が多い。これら既存レジが抱えるさまざまな課題を解決する“低価格かつ高機能”な位置付けのレジが存在していないため、当製品の開発に至った。

デザインコンセプト

“レジを再発明する”というコンセプトのもと、従来のレジが持つ様々な問題を解決するPOSレジを開発する

企画・開発の意義

従来のレジが持つ問題は、デザイン性の低さ、サイズの大きさ、値段の高さ、操作の複雑性という4点に集約される。これら全ての問題を解決する、デザイン性が高く、コンパクトで、リーズナブル、かつ操作がシンプルで業務改善に貢献するレジがあれば、小規模の飲食店が抱えるどんな課題でも解決できると確信し、応募対象を開発するに至った。

創意工夫

先に述べた従来のレジにおける問題において、サイズの大きさを解決するための工夫は、タブレット、金額表示器、レシートプリンターの3つを、電子基板を介してひとつの製品にまとめコンパクトにしたことだ。このタブレットを活用して一体型にするという構造概念で特許を取得した。 また、低いデザイン性、複雑な操作性、高額の問題を解決するために、タブレットを最大限活用するという点にたどり着いた。つまり、タブレットの持つシンプルなデザイン性が活かせること。IT知識が乏しいユーザーにも、スマートフォンのように誰でも直感的に使えるシンプルな機能性と操作性を活用できること。さらにネットワークに強いタブレットを使うことで、リアルタイムの売上データの把握、売上分析といったPOS機能を安価で提供することを実現させたのだ。

デザイナーの想い

「ダサイ、でかい、高い、難しい」といった従来のPOSレジを、「かっこいい、コンパクト、安い、簡単」なPOSレジという、今までにないPOSレジを“再発明”するという思いからはじまった。ユーザーの利用しやすさを追求し、ユーザーの既成概念を覆す新しいPOSレジを目指した。その結果、「かっこいい、コンパクト、安い、簡単、業務の最適化」というユーザーにとって最高のレジを再発明できたと自負している。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ブレイン株式会社内ショールーム
ブレイン株式会社 コーポレートサイト
ブレインレジスター サービスサイト

審査委員の評価

小規模店舗におけるPOS導入をリーズナブルに行うため,タブレットを活用するとともに既存のソフトウエアと連携するものとして新しい開発思想でレジを製品化している。外観は最小限の形態要素を用いてシンプルにコンパクトにデザインされており,使用が想定される飲食店やショップなどのレジカウンターにフィットしやすいものとなっている。製品開発のコンセプトがユニークで明確であり,さまざまな規模や業態の店舗にPOSによる業務管理というソリューションを提供していることを高く評価した。

担当審査委員| 朝倉 重徳   池村 明生   田子 學   樋口 孝之  

ページトップへ