GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
定規 [モチモノ ピタットルーラー]
事業主体名
プラムネット株式会社
分類
オフィス用品・機器
受賞企業
プラムネット株式会社 (神奈川県)
望月デザイン (神奈川県)
受賞番号
14G080634
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スムーズに移動させてピタッと止まる理想的な定規です。通常は浮いている滑り止め部分を、上から軽く押して接地させることで定規全体の滑りを止める事が出来ます。このため、自由に滑らせて移動が出来、使う時に滑らない理想的な定規になっています。線を引くときやカッターを使う時にズレることはありません。力の弱いお子さんやご年配の方にも、軽い力で滑らなく出来るので安心して使えます。 また、カッターが使えるアルミ定規と線が引きやすい透明アクリル定規が一つになっているので、これ一本で便利に使用することが出来ます。

プロデューサー

望月デザイン 望月聡

ディレクター

望月デザイン 望月聡

デザイナー

望月デザイン 望月聡

詳細情報

http://mochi-mono.com

発売
2014年2月
価格

600円 (+税)

販売地域

日本国内向け

仕様

最大目盛り:15cm  カラー:オレンジ  本体サイズ:W26×H160×D6mm   本体重量:19g  素材:アルミ、アクリル、TPE、ABS

受賞対象の詳細

背景

文房具の中でも定規は定番のアイテムだが、線を引いたりカッターのガイドとして使われる今までの定規は果たして使い勝手は良いのだろうかとの思いがあった。機能性を考えて確かに滑り止め定規というものはあったが、全く滑らなくても使い勝手が悪いし、必要な時に滑りが止められて、意識しないで自然に使えるアイテムが必要だと考えていた。

デザインコンセプト

機能的だが決して奇をてらうことがない定番になり得るデザイン。

企画・開発の意義

線を引いたりカッターのガイドとして使用する定規は滑らないものが使いやすい。だが全く滑らないと、今度は紙面を滑らせて移動出来ないので使い勝手が悪いものになってしまう。この相反する現象を簡単に解決できないだろうか。しかも意識しないで自然に使えるものでないと定番にならない。この問題をアイデアとシンプルなデザインで解決出来れば受け入れられると考えた。

創意工夫

2つの定規を伸縮性と滑り止め効果を持った柔らかい素材でジョイントすることで、滑らせやすく必要な時に滑りを止められる定規を作ることが出来た。ただそのジョイント素材と定規は異素材の組み合わせなので嵌合させるのが難しく、完成させるまで試行錯誤を繰り返した。シンプルな構造だが一番苦労したところと言える。2つの定規の組み合わせなので一方をアルミ、一方をアクリルの素材にすることでさらに使い勝手の良い定規にする事が出来た。アルミはカッターが使え、アクリルは透明なので下が透けて線などが引きやすい、一本で二通りの使い方が出来る。

デザイナーの想い

定規を線を引いたりカッターのガイドにして使用するとき、しっかり定規を押さえていないと簡単にズレてしまう。押さえている指から遠くなればなるほど、力を入れて押さえていても簡単にズレてしまうのは誰でも経験したことがあるだろう。ピタットルーラーは軽く定規の中央を押さえるだけで定規全体の滑りを止めるので安心して使える定規になっている。特に力の弱いお子さんやご年配の方にも便利に使っていただけるものと思う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

伊東屋、東急ハンズ、ロフト、丸善、有隣堂など
モチモノ ウェブサイト
モチモノ Yahooショップ

審査委員の評価

名前の通りピタットルーラーはスムーズに移動させ、使う時にピタッと止まる理想的な定規だ。誰もが美しくに引きたい直線。だが、ここぞというところで線がズレてしまったという体験は誰もがあるはずだ。この問題を、この定規はシンプルに解決している。アクリル定規とアルミ定規の利点を機能的なジョイントで一つにまとめた事で特徴的な山型のフォルムが生まれている。使ってみれば直感的にわかる心地の良いデザインであることを評価した。

担当審査委員| 朝倉 重徳   池村 明生   田子 學   樋口 孝之  

ページトップへ