GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
病院・施設用壁掛ナースコール親機 [ナースコールシステムVi-nurse ボード型親機ユニット(7型モニター付) NLX-MBU + ボード型PCナースコール用モニター(24型) NLX-24BU]
事業主体名
アイホン株式会社
分類
研究・教育・医療用の機器・設備
受賞企業
アイホン株式会社 (愛知県)
受賞番号
14G070627
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ナースコールシステムの中核となる壁付け型親機。病室からの呼び出しを受けることはもちろん、患者情報や看護師の受け持ち担当等様々な情報を統合し紐付けすることで、業務の確実性を高めることはもとより、効率化も図ることができる。本商品は業界初となるボード型24インチ大型タッチパネルディスプレーを採用し、患者情報を院内フロアマップ的に配置表示でき、そのままタッチして直感的に操作できるなど、従来より大幅に使い勝手を向上させたシステム。また通信用の幹線をフルデジタル(IP)化したことで、スマートフォン連動、省施工化、ネットワーク構築のしやすさなど未来を先取りした革新的なシステム。

プロデューサー

アイホン株式会社

ディレクター

アイホン株式会社 商品企画室

デザイナー

株式会社コムデザイン

発売予定
2014年9月22日
販売地域

日本国内向け

仕様

580mm×742mm×53(NLX-24MBU)/37mm(受話器部除く)

受賞対象の詳細

背景

病院内の情報管理が一層高度化複雑化する中で、患者情報の内容も同様に高度化し、ナースの業務もPCベースとなり多様な情報を扱うようになってきた。その中で急速に普及しつつあるスマホ連動、IPによるネットワーク機器の接続等への対応も急務となり、より高度により使いやすく確実なものを目指し開発した。

デザインコンセプト

ナースコールシステムの中心機器としての信頼感と清潔感、温かさをスマートに融合

企画・開発の意義

病院スタッフが本当に使いやすいものを提供したいとの想いから始まり、デジタルの柔軟性とアナログのわかりやすさを融合させ、高度化複雑化する患者情報をシステマティックに処理し、業務のスムーズな進行、効率化目指した。特に業界初となるタッチパネル付き24インチの縦型LCDを採用し従来のアナログ機器の良さを取り込み、新しいシステムながら直感的な操作を実現し導入しやすいものとした。

創意工夫

壁面取り付けかつ大きな機器であるため、ユーザーに威圧感を与えない様に造形を施し、内部構造を細部まで検討し、薄型化も実現した。看護師が日常的に使うハンドセットやボタン類もシンプルかつ程よい大きさにしてストレスをできるだけ感じない様にデザインした。GUIも病院用機器として好ましい印象となるよう、レイアウトや配色を吟味し、気持ちの良い使い勝手を目指した。機能的にはこれまでの機器には無かった業界初の「環境音」機能を設けた。これはボタン一つでスピーカーから自然の音(鳥のさえずりや川のせせらぎ等)を流すことが出来、ナースステーションに和やかでさわやかな雰囲気を提供できればとの思いから採用した。

デザイナーの想い

忙しいナースが迷いも無くすばやく確実に使えること。病院内における製品としての優しさ温かさを造形として表現。ナースの業務における立ち振る舞いに対して滑らかに軽やかに応えるデザインにしたかった。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アイホンショールーム

審査委員の評価

患者情報や、看護師の担当など、ますます複雑化する院内の情報を、患者の部屋やベッドの位置と関連させて、一括管理し、視覚的に把握できるようにしたシステム。空間的情報と、カルテの情報、そしてコミュニケーション機能を一体化させることにより、治療の円滑化、看護師の負担軽減、そして患者が安心して治療を受けられる環境を支えるシステムである。今後、ますます深化する情報時代に向けた画期的なシステムとして発展することを期待する。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ