GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
立ち入りを制限する自動巻きテープ [バリアリールminiポータブル]
事業主体名
中発販売株式会社
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
中発販売株式会社 (愛知県)
受賞番号
14G070581
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

エレベーターの保守作業の現場や店舗レジ周辺などで、区画を明確にしたり立ち入りを制限することで、安全で円滑な作業環境を設営するための自動巻テープ製品。ポケットにも入れられるほど小さく軽量で、作業者が常に携帯して必要に応じてすぐに使用できる。強力な磁石によってすばやく設置・撤去可能で、ぜんまいばねによる自動巻のテープは軽い力でスムーズに操作できる。テープは途中で止められるストッパー機構を組み込み、安全な操作性を実現するとともに利用者によるテープ交換など保守も容易にしている。屋外でも使用可能で耐久性が高く長期にわたって繰り返し利用できる。様々な環境で使えるようにテープの絵柄、素材も複数そろえている。

プロデューサー

中発販売株式会社 取締役 神原 智

ディレクター

株式会社リーレックス 取締役 中田 直樹

デザイナー

株式会社コムデザイン + 株式会社リーレックス

発売
2014年5月
価格

4,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

安全な作業環境をいつでもすばやく設営するため、自動巻テープ製品を作業者のポケットに入れる。

背景

工事現場や店舗等における作業環境の安全性確保はますます重要になっており、区画を明確にして立ち入りを制限する製品でそれらに貢献したいと考えた。3年前に発売開始した現行製品は、すばやく設営できる利便性とテープを使い捨てにしない環境配慮性が高く評価されている。今回はシリーズ品として、コンパクトで軽量にして携帯性を高め、いつでも気軽に幅広い場面で利用していただける製品を企画開発した。

デザイナーの想い

空間を仕切り立ち入りを制限する「留め石」を現代的に造り直すことを考えた。掌に収まる形と大きさで必要に応じて柔軟に設置でき、主張しなくとも進入を拒む製品としての存在感を持っている。使用時には伸ばしたテープが主役となり、本体は目立たずに環境にとけ込む。利用者にとって本製品の設置と撤去は業務前後に毎回繰り返す作業であり、業務の区切りを心理的に感じられるような使い心地を目指した。

企画・開発の意義

携帯性が高く設置・撤去の容易な本製品により、作業者には業務場所をいつでもすばやく設営できるメリットを提供し、作業周辺の人には安全な空間を提供する。テープは使い捨てるのではなく、何度も繰り返して使える耐久性の高い製品であり、ゴミが少なく環境に負荷の少ない社会実現にも貢献できる。使い勝手の良さ、まとまりのある楕円形の造形と仕上げ、堅実で質の高いものづくりにより高い製品価値を実現した。

創意工夫

業界最小のコンパクトさ:安全な作業環境を構築する目的のため、本製品では可搬性があって常に持ち歩けることが最重要と考えた。本体は極力小さく軽量にして、ポケットに入れやすいように突起部を抑えた丸みのある楕円形状とした。 信頼の操作性:自動巻テープは最初から最後まで一定の力で引き出しと収納ができ、使いやすい位置に操作レバーを設けたストッパー機能も備え、安全でスムーズに操作できる。 バリエーション:テープ柄と素材は標準で10種類をそろえ、使用者でもテープ交換可能である。テープ収納時にも柄が分かるような構造としている。 耐久性:持ち運ぶものであるため落下にも耐えられるように、コの字形状に壁を構成して強度を高めている。 設置環境:屋外使用を考慮してステンレス製のばねを採用し、天地逆設置も可能とした。コーン設置用のオプション品などを使用して様々な設置環境に対応が可能である。

仕様

本体寸法:幅57mm×奥行48mm×高さ87mm、 シート厚さ:0.2mm、 シート幅:50mm、 シート最長ストローク:2.7m、 シート素材:塩化ビニール、 本体素材:ABS樹脂、質量:約150g、ネオジム磁石付き ※本仕様はシートタイプ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

機械工具商社
トラスコ中山 オレンジブック.com

審査委員の評価

従来のテープむき出しの立ち入り制限用の自動巻きテープと異なり、テープをカバーリングし、ポケットに入れて運べるサイズにしたことによって、作業者が携帯し必要に応じて使用できる手軽さを提供している。本体が楕円形状をしているため、ポケットへの納まりも良い。また、取り付ける高さや、同じ箇所に取り付ける本数も自由に決められ、オリジナルのテープもデザインでき、テープ交換も可能なため、立ち入り制限用途以外の情報伝達手段にも使える魅力もあると感じた。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ