GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン大賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
産業用ロボット [医薬・医療用ロボット VS-050S2]
事業主体名
株式会社デンソーウェーブ
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
株式会社デンソー (愛知県)
株式会社デンソーウェーブ (愛知県)
受賞番号
14G070580
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品はクリーンルームなど滅菌環境下での作業を想定した産業用垂直多関節ロボットです。 主に食品や医薬品、半導体などの製造工場で使用されます。滅菌環境下という特殊な環境に適応するため、従来からの防滴、クリーン技術にプラスして、滅菌洗浄に耐性のある表面処理を施しています。先端にハンド(※)を装着することで様々な作業にフレキシブルに対応し、生産工場の自動化・省力化に貢献します。※ハンド:作業を遂行するためにアーム先端に装着するアダプター。作業内容に応じて、機能や形状が異なる。

プロデューサー

株式会社デンソーウェーブ 制御システム事業部

ディレクター

株式会社デンソー デザイン部 室長 吉田佳史

デザイナー

株式会社デンソー デザイン部 折笠弦

発売予定
2014年10月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

クリーンルーム・医薬品製造工程・医薬品調剤工程

仕様

アーム長(第1アーム+第2アーム)520mm(255mm+265mm)、 最大可搬質量:4kg、重量:34kg、 合成最大速度:8675mm/s H2O2濃度35% wet及びVHP、UV殺菌に対応 クリーン度:ISOクラス5、防塵防滴性能:IP65

受賞対象の詳細

背景

製薬、食品業界における自動化のニーズの高まりから開発に着手。衛生状態の維持が課題であるクリーンルーム内の作業において、ロボットによる作業工程が浸透していないことに着目し、滅菌洗浄に耐性があり洗浄が行いやすいロボットの開発をスタートしました。

デザインコンセプト

クリーンルームに求められる高い清潔性と洗浄性を、滑らかで美しい造形によって成立させる。

企画・開発の意義

薬品製造ラインにおいて、クリーンルーム内で人間が作業を行うには清潔性の維持のために多くの手間と細心の注意が必要でした。それらの作業の一部をロボットが代替することによってコストの削減と生産性の向上が見込めます。さらにばらつきが少なく安定した品質の製品をユーザーへ提供する事が可能となります。

創意工夫

過酸化水素ガス洗浄に対する耐性を獲得するため、本体表面の塗装を廃しました。さらに清潔性を維持するため表面に磨きあげ処理を施しました。また清掃のしやすさを追求し極限までビス穴を排し、小さな隙間が無いように滑らかな面で意匠を構成しました。徹底的に小さな凹凸をなくした流線型のデザインによって、これまで生産段階で人の手で研磨していた工程を機械に代替することが可能となり、製造コストの削減にも貢献しました。

デザイナーの想い

これまで滅菌環境下という特殊な条件のため人間の手による作業が必要だった工程に対し、ロボットの力が加わることでばらつきの少ない製品が早いスピードで大量に生産できる様になります。これによって安価で品質の良い医薬品をより多くの消費者に届ける手助けができればと思います。

審査委員の評価

製薬、食品の製造ラインに導入するための機械には、ハイレベルの衛生状態維持が必要となる。それに対応するために、滑らかな表面形状を採用し、あらゆる溝や穴を埋め、関節部断面を正円とすることで、段差や隙間を消し去った。また、過酸化水素ガス洗浄に対応するために表面は塗装ではなく磨き上げ処理が施された。衛生上の要求を正面から満たした結果、未来的な存在感を備えることとなった。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ