GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・未来づくりデザイン賞

受賞対象名
電圧センサ [電圧センサ PW9020]
事業主体名
日置電機株式会社
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
日置電機株式会社 (長野県)
受賞番号
14G070564
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ケーブルの上から電圧を測定できる金属非接触型の電圧センサ。従来、電圧はブレーカのネジなど金属部に金属クリップを挟んで測定するのが一般的であった。しかし、金属非接触の測定技術を確立したことにより、ケーブルに樹脂製のクリップを挟むだけで、電圧を測定することが可能となり、短絡事故や感電事故の危険がない安全な電圧測定を世界で初めて実現した。多くの企業で省エネルギー活動が進む中、より正確な使用電力状況の見える化が求められている。安全・確実な測定が出来ることで、電力測定のすそ野を広げ、社会の省電力化の実現に寄与する。

デザイナー

日置電機株式会社 開発推進部 開発推進課 デザイングループ 仙田学

詳細情報

http://www.hioki.co.jp/

発売予定
2014年6月20日
価格

30,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

○寸法:約33W×62H×97D mm(クリップ部) ○重量:220g

受賞対象の詳細

背景

現在、多くの企業で省エネルギーの活動が進んでおり、電気に関する十分な知識や経験を持たない作業者による電力測定の機会も増えてきているため、安全・確実に消費電力を測定したいというニーズが高まっている。電圧はブレーカのネジなど金属部に金属クリップを挟んで測定するため、短絡事故や感電事故の危険があった。これらの危険をなくし安全に測定するために、ケーブルの上から挟むだけで測定できる電圧センサを開発した。

デザインコンセプト

短絡・感電の危険ゼロ、設置も簡単、従来の常識を覆す世界初の金属非接触型の電圧センサの実現

企画・開発の意義

ケーブルの上から電圧を測定できるので、従来の測定対象であったブレーカのネジなどの金属部を露出させるために分電盤内の端子カバーを開ける手間もなく、金属部に金属クリップを挟む際の短絡や感電事故の危険も一切なくなり、電圧測定に対する不安な要素は全て解消される。また、ミスすることなく安全確実に測定ができることは、使える人の幅を広げるとともに省エネルギー活動の質を高め、社会の省電力化の実現に寄与する。

創意工夫

○ケーブルとクリップが自然とフィットするクリップ形状を採用し、同じ確度で安定して測定することができる。様々な径のケーブルに対応するために、クリップの下部分は長く突き出ており、太いケーブルでも安定してはさめる。また、クリップの上部分にある細かい溝によって細いケーブルに対しても安定してはさむことができる。 ○はさむために狭い場所へもアクセスがしやすいよう、中継ボックスに本体要素の一部を分離させることで、クリップ自体を片手持ちに最適なサイズにした。

デザイナーの想い

世界初の画期的な技術を、誰でも簡単に利用できるような、現場で使いやすい製品として実現させる。事故の危険に対する不安な思いを常に抱いて作業をしていた人々が、本製品を使うことで、作業時の不安から解放されるだけでなく、作業自体の効率アップにもつながることで、満足していただけることを願う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日置電機株式会社
日置電機株式会社

審査委員の評価

従来の電圧測定は露出した金属端子に測定端子を当てることで行われていた。そのため、操作を誤ると簡単にショートが起こり、ブレーカーを落としてしまう事故につながっていた。本製品は金属端子ではなく、ケーブルをクリップするだけで電圧測定を可能とする製品である。そのためショートが起こることがない。現場作業員の作業効率や心理的負荷を大幅に改善した点を評価する。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ