GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電子丸ノコ [W-470ED/573ED/663ED/763ED シリーズ]
事業主体名
リョービ株式会社
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
リョービ株式会社 (広島県)
受賞番号
14G070536
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

リョービの電子丸ノコシリーズは、持ち上げた時や材料切断時のバランスに配慮して設計されており、作業者がストレスなく快適に作業できる丸ノコです。モーターを35度傾けたことで、ハンドルを本体の重心近くに配置できるため、持ち上げた時の持ち重り感が軽減。取り回しの良さに貢献しています。また、切込深さ調節のリンクを刃物ケース内に収めることで、ハンドルをより刃物に近い位置に配置。切り進める際のブレを減らし、安定した切断ができます。その他にも、滑り抵抗を60%削減するスライドシートの採用、切込深さの目盛りを読みとりやすくする指針を設けるなど、使い心地を向上させています。

プロデューサー

リョービ株式会社 住建機器本部 商品部

ディレクター

リョービ株式会社 住建機器本部 技術部

デザイナー

リョービ株式会社 住建機器本部 技術部 デザイン

詳細情報

http://www.ryobi-group.co.jp/projects/powertools/products/item_list.php?cid=4&ckbnid=1&pf=5&csid=137

発売
2014年4月
価格

35,000 ~ 44,600円 (すべて税別)

販売地域

日本国内向け

仕様

W-470ED…長さ238mm×幅203mm×高さ223mm、質量2.3kg、最大切込深さ47mm W-573ED…長さ249mm×幅213mm×高さ230mm、質量2.4kg、最大切込深さ57mm W-663ED…長さ276mm×幅218mm×高さ243mm、質量2.6kg、最大切込深さ66mm W-763ED…長さ298mm×幅234mm×高さ250mm、質量3.0kg、最大切込深さ76mm)

受賞対象の詳細

背景

丸ノコは、当社の電動工具ラインアップの中でもユーザーの皆様にご好評をいただいている機種ですが、建築工法、労働環境の変化による、軽量・コンパクト化の要望にあわせた開発を8年前より続けています。昨年度、さらなる使い心地の向上を目的に機能性やラインアップ編成まで含めて見直しを行うことになりました。

デザインコンセプト

切断時や取り回しの際のバランスに優れ、作業者に快適な作業性が提供できる丸ノコ。

企画・開発の意義

丸ノコは、刃物とハンドルとの位置関係のバランスが良いと切断中にブレを低減することができ、快適に精度の高い切断ができます。また、切断時に過負荷で刃物がロックして作業者に向かって丸ノコが跳ねかえろうとする「キックバック」が起こった際も、本体を抑えやすくなるので、事故の危険性を低減できます。加えて、持ち上げた際の、重量バランスも良く、取り回しやすいため、作業者の疲労軽減にもつながります。

創意工夫

最適なバランスを実現するため、ハンドルと重心との位置関係や、切り進める際に本体を押しやすいハンドルの角度などを考慮してハンドルの位置と形状を決定しました。また本体の刃物側を上に向けた状態で本体が自立・安定するようモータケースの形状に配慮し、刃物交換時の作業性を向上しました。

デザイナーの想い

丸ノコは当社の商品の中でも、プロユーザーの方にご好評をいただいている商品です。今回のモデルチェンジにあたって、その期待を裏切ることなく、さらなる使い心地の向上を図るため、旧モデルの良い部分・まだ十分でない部分を分析し、良い部分は熟成、十分でない部分はリファインに取り組みました。この商品を使っていただいたユーザーの方が「リョービの丸ノコを選んで良かった」と感じていただければ幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

機械工具店、プロ専門量販店、ホームセンター等

審査委員の評価

シリーズの中で多少スペックに差があるものの、全機に共通して、グリップの握りやすさ、取り回しのしやすさを感じた。その理由は、モータを35度傾けることによって、ハンドルを本体の重心に近づけた効果と考えられる。スライドシートを採用することで滑り抵抗を60%削減したり、切込深さ調整リンクを刃物ケースに収納することでハンドルと刃物の間の空間を広げたりするなどの配慮もある。オーバーな造形も装飾もなくそつなくまとまっており、安心して作業に集中できるデザインに仕上っている。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ