GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
ドライバー [スリム絶縁ドライバー]
事業主体名
株式会社兼古製作所
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
株式会社兼古製作所 (新潟県)
受賞番号
14G070532
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

電気工事の現場では作業者は感電の脅威に晒されています。感電対策として電気を通さない服装や絶縁被膜で覆われた工具を使うことで事故は未然に防ぐことができます。しかし、電気を通さないゴムや樹脂で覆われた工具は現場では使いづらく、作業者のストレスに繋がっていました。そこで、感電防止機能を備えていながらも作業性を低下させない、スリム絶縁ドライバーを提案します。本製品は絶縁被膜で太くなりがちなドライバー軸を絶縁機能はそのままに軸径を細く抑えることに成功し、狭所作業において先端の見易さ、奥まったネジへのアクセス、取り回しの良さを実現しました。作業者の安全と工具本来の使いやすさの両立を求めて開発を行いました。

プロデューサー

株式会社兼古製作所 代表取締役 兼古耕一

ディレクター

株式会社兼古製作所 代表取締役 兼古耕一

デザイナー

株式会社兼古製作所 企画開発部 兼古耕一+野崎洋二

発売
2013年12月
価格

900 ~ 1,050円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

狭いスペースでも作業性が良く、絶縁皮膜厚を感じさせない先端スリムな絶縁ドライバー

背景

電気工事の作業には感電防止のため工具類には絶縁処理・短絡防止処理が施されています。例えばドライバーの場合、金属製の軸から電気が流れないよう樹脂やゴムの被膜を被せる等の対策製品が一般的ですが、こういった製品は一概に被膜の分だけ軸が太いため、配電盤等の狭い箇所での作業性はあまり良いとは言えませんでした。そこで感電防止機能を備えていながらも作業性を低下させない、スリム絶縁ドライバーを提案します。

デザイナーの想い

工具とは作業者の手の延長として機能を果たすものであり、その作業を最高のパフォーマンスで遂行できるようサポートすることが工具の使命だと考えています。電気作業であれば感電という危険から作業者を守ることは絶対条件です。しかし、その付加機能を搭載することによって工具としての本来の使いやすさが失われてはいけないと考えています。従来の絶縁ドライバーの作業性に満足しないユーザーに是非使って頂きたいと思います。

企画・開発の意義

絶縁工具は樹脂被膜というガードにより感電から作業者の安全を確保する一方で、そのガードが邪魔になり、狭い箇所での作業性が良くないという問題がつきものでした。本製品は被膜軸径を先端部径と同径面一のスリム形状とすることで、作業者の安全を確保しつつ、作業性も損なわない設計となっています。また、使用頻度の高いプラスドライバーは樹脂の色を変えることで先端サイズの違いが一目で見分けられるようになっています。

創意工夫

従来の絶縁ドライバーは金属製の軸の上にそのまま樹脂皮膜をコーティングしていたため、必然的にドライバー先端径より被膜軸径が太くなるという問題がありました。そこで、絶縁コーティングをしても軸径が太くならないように、あらかじめ樹脂被膜分だけ金属軸を削り込み、その削り込んだ部分に樹脂をコーティングすることで、被膜軸径を先端部径と同径面一を保つ設計となっています。金属軸を削った分がそのまま樹脂皮膜の肉厚になりますが、ドライバーとしての機能である金属軸の強度を保ちつつ、絶縁機能である樹脂皮膜の肉厚を持たせるため最適な被膜厚を割り出しています。また、金属軸を細く削り込むことによりネジ締め付けの際の過剰トルクを吸収するトーション作用が生まれ、カムアウト(ドライバーの浮き上がり現象)を抑制する効果もあります。

仕様

サイズ:+1×100,+2×100,+2×150,+3×150,ー5×100,ー6×100,ー6×150,

審査委員の評価

これまで太く使いづらかった絶縁ドライバーの絶縁皮膜を、ドライバー先端の太さと揃えることにより、引っかかりがなく狭い場所にも入っていけるようにした。先端と絶縁部を同じ太さにするというシンプルな解決方法ではあるが、作業者にとって大きな恩恵となることは間違いない。また絶縁皮膜の径を細くした分、細くなった金属軸は、締め付けの際の過剰トルクを吸収するトーション作用を生み、ネジ山を舐める事故を抑制するという副次的な効果ももたらした。プラス、マイナス、先端サイズで樹脂色を変えており、洗練されたグラフィックスと相まって、高い精度感を演出している。

担当審査委員| 山本 秀夫   橋田 規子  

ページトップへ