GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ガスふろ給湯器 [パロマ ブライツシリーズ]
事業主体名
株式会社パロマ
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
株式会社パロマ (愛知県)
受賞番号
14G060486
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国内温水機器の中心的存在であるガスふろ給湯器において、デザインで省エネ安心給湯器の普及を促進する事を目的とする。近年の住宅トレンドの一つであるスッキリした外構デザインの影響で、外壁に設置される器具の露出が増えている点を考慮し、『給湯器をエクステリアに』という概念で周辺環境との調和を目指した。また、長く美観を保てるよう周辺部材や外装材に耐食性に優れた材料を使用している。

プロデューサー

株式会社パロマ 販売部 営業企画室 温水グループ マネージャー 安藤直広

ディレクター

株式会社パロマ 販売部 営業企画室 デザイングループ マネージャー 村田烈

デザイナー

株式会社パロマ 販売部 営業企画室 デザイングループ 小林千夏、有村淳一

詳細情報

http://www.paloma.co.jp/product/

発売
2014年1月26日
価格

290,000 ~ 397,000円 (希望小売価格(税抜))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

①様々な種類や天候・時刻で変化する外壁との調和 ②露出が増え着用率が高い配管隠し部材との一体感。

背景

高い省エネ性能や安全安心機能を有した給湯器を普及させることの必要性の高まり。一方で給湯器の設置される建造物の外構トレンドが変遷する中、各分野の方々に『選ばれるデザイン』という特長を付加する必要があると考えました。

デザイナーの想い

時代の変化と共にスタイルを変えた住宅デザイン。住宅設備機器の一つであるガス給湯器も変化が必要。設備品の美観向上は、個のユーザー満足に留まらず地域全体の景観向上につながる今後のスタンダードであって欲しい。

企画・開発の意義

“給湯器をエクステリアに”というねらい。且つ、新築時から経年時においての美観向上を目指しました。また『配管カバー』という給湯器下部の配管を隠す部材まで含めたトータルデザインをすることで、部材セット率を増やし、周辺環境まで含めた美観向上を目指しました。

創意工夫

外壁イメージが横方向を意識したものに移り変わっている市場の流れを取り入れる為に横方向の指向性をテーマの一つとしてボーダーデザインに取り組みました。ぼってりと見えがちなライン構造部の深さを吟味し、上端の『陰』に対して、下端の『光』の連続性の中に引き締まったイメージを構築しました。影と光の連続性がカメレオンカラーである本体色メタリックベージュとの相乗効果で周辺壁面との調和をより一層向上させました。

仕様

本体外形寸法(mm):高さ600×幅470×奥行240 ※据置きタイプは高さ640×幅534×奥行240。配管カバーの寸法(mm):高さ440、640、940の3種類×幅470×奥行240 ※据置きタイプは高さ625×幅400×奥行218。※配管カバーはオプションです。給湯能力:16号、20号、24号の3タイプ  重量(kg):30 (満水時33kg)

審査委員の評価

住宅の外構に設置されるガスふろ給湯器は多くが単体であり、配管がむき出しになっていた。この製品は配管を、本体の外観カバーと同じ素材デザインを施し、スッキリとさせている。様々な住宅の外観になじむように、さりげないディテール処理、塗装などの配慮がある。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ