GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スライド丁番 [360スライド丁番 “オリンピア”]
事業主体名
スガツネ工業株式会社
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
スガツネ工業株式会社 (東京都)
受賞番号
14G060457
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

360は長い歴史を持つスライド丁番の次世代を担う高機能スライド丁番である。様々な扉に対応できる豊富な製品ラインアップ。ダンパーや調節機構が全て丁番内蔵にも関わらず、サイズは従来と変わらないスマートボディ。ダンパー力は5段階調節で切替は指一本、大・小様々な扉をソフトクローズさせる。扉の上下、左右、前後の調節は各ねじを回すだけの簡単3次元調節。上下、前後、ダンパー調節のダイヤルはカチカチとクリック感があり、各丁番の調節位置がバランス良く合わせ易い。本体と座金はワンタッチ脱着。外観はネジやダンパーが本体から出っ張らないシンプルでフラットなデザイン。優れた耐久性能で長年ご愛用頂ける。

プロデューサー

スガツネ工業株式会社

ディレクター

スガツネ工業株式会社 開発部製品開発課 大嶋一吉、越川伸一郎

デザイナー

スガツネ工業株式会社 開発部製品開発課 冨澤健二、高松真吾、小笠原英樹、塚本幸一

発売予定
2015年3月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

フラット・スマートボディにダンパー・各調節を内蔵。分かり易い調節でラインアップも豊富な高品質丁番。

背景

扉加工寸法や重量にはズレや誤差がある為、施工者にとって扉吊り込み後の調節は直観的で分かりやすく幅広い物が望まれる。ユーザーにとって扉はゆっくり安全・静かに閉まり、丁番はスリムかつシンプルで家具のデザインを損なわない目立たない物が良い。両者にとって必要なのは、様々な大きさの扉に対応できる多段階調節付ダンパーをスマートボディに内蔵させたスライド丁番を豊富なラインアップで商品化する事である。

デザイナーの想い

スライド丁番は世界中で長年使用されているが変化に乏しい。当社の多種多様な製品で培ったダンパー技術や高度な部品製造技術を集結し、機能・品質・デザインを徹底追及をした。ダンパー内蔵フラットスリムボディ・他社にない直観的な調節・高品質・豊富なラインアップは世界で活躍する次世代スライド丁番と言える。今これを社会に提供する事で、まずは施工が急がれる2020年東京オリンピック関連建築物に広く役立てばと考える。

企画・開発の意義

フラットでスマートなボディは家具のデザインと限られた収納を侵すことなく様々な場所で使用できる。豊富なラインアップで家具のデザインも統一しやすい。ダンパーはあおりによる衝撃を吸収し、静かで安全な生活を提供、住まいへの負担も減らす。簡単で分かり易い調節は施工の時間と手間を軽減。さらに扉をメンテナンスする際にも大いに役立ち、住まいの長寿命化へつながる。小さなボディで大きな住まいを支える。

創意工夫

通常のトーションバネや回転ダンパーは片側を固定し逆側をねじり、力を発生させる。小さなバネ・ダンパーでも強い力が発揮できるよう、両側をそれぞれ逆方向にねじる新技術を開発、従来と変わらない小さな本体に両者を内蔵することに成功した。外観はフラットでスマートなボディを目標に全ての調節ネジを座金に集約、本体背中部分には従来のスライド丁番のような調節ネジの出っ張りが一切ない。調節において上下、前後、ダンパー調節にはクリック感がある。これは施工者が各丁番の調節のバランスを取り易くする効果があるのだが、それだけでなく扉の重さや使用時のあおりなどで調節が微小に動いてしまう不具合を、クリックの抵抗で止める2つの機能がある※従来品は衝撃などで調節が動いてしまう。高機能+フラット・スマートボディ実現の為に、新技術によるコンパクト化と小さなスペースへの徹底した部品集約、1部品多機能設計が360には集約されている。

仕様

製品ラインナップは丁番本体がキャッチ無、キャッチ付、ダンパー付、プッシュオープン、85度開きの5タイプ、各タイプにかぶせ量19、14、9、0㎜の4種類※85度開きは0mm無。取付座金が3点止め(システム30、32)と4点止め(システム32)の3種類。 丁番2個最大対応扉W600×H900mm 6kg・扉厚15〜20mm・3次元調節範囲 上下±2mm 前後-2.5〜+1.5mm 左右-4〜0mm。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ホームセンターもしくは、お近くの販売店様
スガツネ工業株式会社ホームページ・ショールームのご案内

審査委員の評価

スライド丁番タイプの性能を新たなステージへ。製品のラインナップから見て取れるように、あらゆる扉に対応している。ソフトクローザー機能はスピード調節も容易に出来るなど、コンパクトながらに機能性が本当に豊かである。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ