GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
ダイニングチェア [KISARAGI]
事業主体名
飛騨産業株式会社
分類
家具・インテリア用品、住宅設備
受賞企業
飛騨産業株式会社 (岐阜県)
受賞番号
14G060430
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界初、杉圧縮柾目材を活用したダイニングチェア。日本の固有種である杉を家具用途に耐えられる強度を持つ材とするため圧縮技術を導入した。さらに杉ならではの凛とした杢目の魅力を活かすため、世界初となる杉圧縮柾目材を開発した。美観、強度、掛け心地に優れる『KISARAGI』にはカービング、接合、座彫り、ロクロ加工などの高度な木工技術が駆使されている。座面は板座と張座を選択できる。

プロデューサー

飛騨産業株式会社 代表取締役社長 岡田 贊三

ディレクター

飛騨産業株式会社 デザイン室長 中川 輝彦

デザイナー

有限会社川上デザインルーム 川上 元美

詳細情報

http://kitutuki.co.jp

発売予定
2014年12月
価格

100,000 ~ 120,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

W59×D52.5×H78 SH41 AH65cm 主材:杉圧縮柾目材  塗装:ウレタン樹脂塗装

受賞対象の詳細

背景

日本は世界有数の森林国であると同時に高度な匠文化の保有国である。とりわけ杉は学名を『Cryptomeria japonica』と言い“隠された日本の財産”を意味するが、山に大量に放置されている不条理な現状がある。豊かな森林資源と高い木工技術のすばらしさが世界に発信されていない。

デザインコンセプト

杉問題を直視し家具活用への可能性追求と良質な物作り水準を高める。世界発信できる商品に着地点を求める。

企画・開発の意義

日本文化の再発見およびグローバル社会においてMade in japanが世界で戦える新しい領域の創造。海外の原材料に頼ることなく、国産材の活路を見出す高品質の木工製品開発は、木の国・日本ならではの魅力を世界に発信する新しい価値になりえる。

創意工夫

板目材の活用によるこれまでの杉圧縮材の場合、木の節や板目模様を有する表情であったが、この度新しく開発した杉圧縮柾目材は、杉ならではの直線的で凛とした杢目が全面に出ている。さらに、その美しさを引き立てるため、艶は落としながらも透明度の高い塗料を開発した。

デザイナーの想い

戦後の植林で使われていない杉がある。各産地で杉活用を模索し、多くの家具デザインが試みられたが、椅子には強度面で不適であった。その杉材を加圧プレスすることにより強度を増す技術開発を通して、チェア『クリプト』が2010年にGマークを得たが、この度、強度のある杉圧縮柾目材を主体に用いたこのデザインは、杢目の凛とした表情と共に豊かな上質感を奏でる、国産杉材活用の進化型である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

飛騨の家具館 東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・北海道・高山
飛騨産業株式会社

審査委員の評価

日本で生産される木製椅子のほとんどが国外木材を使用している。日本には戦後植林された杉が各地にあるが、強度が弱いため家具の制作に適さない。今も家具に活用するための模索が各産地で続けられている。この椅子に使われている柾目圧縮材は、独自の圧縮技術を用いて家具用途に耐える強度を得ることに成功させた。繊細且つ洗練されたデザインを、カービング、接合、座彫り、ロクロなどの木工技術を駆使して実現させている。国産杉による日本の木工技術の高さをハイエンドの椅子のデザインから感じさせることができる。

担当審査委員| 橋田 規子   五十嵐 久枝   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ