GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
角盆 [BON]
事業主体名
津山木工芸品事業協同組合
分類
生活・家庭用品、キッチン用品
受賞企業
もくもくハウス仙台店 (宮城県)
受賞番号
14G030165
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

杉の集成材の角盆は、とても軽くて丈夫。しかも使いやすいサイズと3タイプの塗装で器とのコーディネートも広がります。お運び盆としてはもちろん折敷として使用できます。また直接お料理を盛り付けお皿としても工夫次第でいろいろに楽しめます。使わないときは3枚を重ねてすっきり収納できます。同素材3タイプ(BROWN・ORANGE・NATURAL)の異なるカラーの頭文字から「BON」とネーミングしました。 丁寧なつくりと値ごろ感のある「BON」は、宮城県登米市津山町の杉の間伐材で製作。

プロデューサー

佐藤和子(デザインハウスWASABI)

ディレクター

高橋雄一郎(株式会社ユニグラフィック)

デザイナー

佐藤和子(デザインハウスWASABI) + 津山木工芸品事業協同組合

詳細情報

http://moku2.biz

発売
2013年9月1日
価格

2,200 ~ 3,500円

販売地域

日本国内向け

設置場所

道の駅もくもくハウス、もくもくハウス仙台店

仕様

杉の集成材でブラウン、オレンジ、ナチュラルの3種類の塗装を施したコンパクトサイズの角盆。スタッキングでき持ちやすい設計。 寸法/縦230×横230×高20mm/重量:170g〜190g 形状:四角/素材:杉

受賞対象の詳細

背景

たかが盆、されどBON   和食がユネスコ無形文化遺産に登録され「食」を通し日本の伝統や文化に関心がもたれています。日本には、モノをそのまま差し出したり直接手渡しせずに、和紙や袱紗に挟んだり盆にのせて渡すという文化があります。日本人の美意識や食へのこだわりをこのBONを通して伝えたい。杉の集成材でブラウン・オレンジ・ナチュラルと3タイプの塗装でイメージの異なる3つの角盆で豊かな食卓を提案。

デザインコンセプト

受け継がれてきた日本の生活文化 を「BON」で日々の食卓がほんの少し上質なものにしたい。

企画・開発の意義

“ひとりごはん”も、ゆったり楽しみたい 家族や仲間と囲む食卓は何よりも楽しい。しかし、ひとりの食事やティータイムも大切にしたいもの。杉の集成材「BON」は、軽くて丈夫。また、使い勝手のよいサイズ感は“ひとりごはん”にぴったりで、ほんの少し上質で贅沢な時間になることでしょう。同素材3タイプの塗装は、使い方のシーンも多彩に広がり楽しくなりそうです。

創意工夫

さまざまな機能を満たしてくれるBON 日々の暮らしの中で気持ちよく便利に使える盆。 同素材で塗装を変え3タイプの異なるイメージとなり、それぞれの使い方を考えるのも楽しい。丁寧なつくりと値ごろ感、美しく収納できることから3個セットでの購入を提案。 パッケージもセットでひとつとし、そのまま本棚に仕舞いたくなるブックレットスタイルとした。

デザイナーの想い

ほんの少し上質な食卓を提案 「和食と器」を改めて考えると 実にさまざまなサイズやデザイン、料理や季節との関係もありその数は計り知れない。どの器を選んでも「BON」の中に納めれば額絵のように際立ち、まとまりも感じられる。器をさらに引き立てる道具です。 ティーマット感覚で毎日使いたい、飽きずに長く使いたい。使い勝手のよいサイズ感と3種類を重ねて置けば美しくすっきり収納も可能。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

道の駅津山「もくもくランド」、もくもくハウス仙台店
道の駅津山「もくもくランド」
クラフトショップ「もくもくハウス」
もくもくハウス仙台店

審査委員の評価

ちょっとした食器を運ぶにも、菓子を盛るにも丁度よく、また収納するにも場所をとらない。使い勝手の良さを引き出すサイズと形状の気持ちよいデザインである。こうした機能性もさることながら、この角盆の魅力はむしろ使い手の工夫と美意識を触発するデザインにあるのではないか。杉の集成材を用いたシンプルな角盆に3色の異なる塗装を施すことで、盆に乗せた器や食材を額絵のように見せ、自然に「何を乗せようか、どう見せようか」を考えさせる。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   佐藤 弘喜   須藤 玲子  

ページトップへ