GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
化粧筆 [古羊毛 雪月花 シリーズ 会津塗]
事業主体名
株式会社坪川毛筆刷毛製作所
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
株式会社坪川毛筆刷毛製作所 (広島県)
受賞番号
14G020108
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

化粧筆の本質は、質感のよい「毛」であり、これまでの筆産業の核心部分を構築してきました。本来は「毛」と「軸」が主役であり、根本から「筆」の在り方を考えてみました。木の質感やぬくもりを大切にし、手に納まる丸みを持たせ、女性の持つ優しいふくよかな雰囲気を表現しました。最高級の「古羊毛」を筆先に使用し、そのクオリティに並ぶ「軸」をさまざまな面から、探求してきました。 そして、会津塗の伝統的な技法を伝承する「玉虫塗」と出逢い、それを実現しました。しっとりと手に馴染み、趣きのある艶やかな深い紅漆は、見る者を魅了し、使い込むほどに、より鮮やかな紅へと変化していきます。

プロデューサー

㈱坪川毛筆刷毛製作所 取締役 坪川竜大

デザイナー

澄川伸一デザイン事務所 代表 澄川伸一

詳細情報

http://www.koyomo.jp/

発売予定
2014年10月
価格

6,000 ~ 35,000円 (税抜き)

販売地域

国外市場向け

仕様

●会津塗はなぬりフェイスブラシ140mm●会津塗はなぬりチークブラシ135mm●会津塗はなぬりシャドウブラシ全長125 mm●会津拭漆さくらフェイスブラシ全長140mm●会津拭漆さくらチークブラシ全長135mm●会津拭漆さくらシャドウブラシ全長125mm

受賞対象の詳細

背景

高級な筆には欠かせない原料として使用されいる山羊の毛、中でも早くから1980年代以前に採取された「古羊毛」の価値に気づき、独占的に収集してきました。毛先が繊細で、コシや粘り・光沢があり、摩擦による消耗が少ないので 筆としての寿命が長く、使い込むほどに馴染んでいきます。軸については福島県会津塗の伝統的技法を伝承する「玉虫塗」と出逢い、当社・広島県川尻筆の伝統技術とのコラボレーションが実現しました。

デザインコンセプト

化粧筆の本質である質感のよい毛と、手に納まる丸みを持たせ、女性の持つ優しいふくよかさを表現した化粧筆

企画・開発の意義

最高級の「古羊毛」を筆先に使用し、そのクオリティに並ぶ「軸」をさまざまな面から、探求してきました。そして、会津塗の伝統的な技法を伝承する「玉虫塗」と出逢い、それを実現することに成功しました。しっとりと 手に馴染み、趣きのある艶やかな深い紅漆は、見る者を魅了し、使い込むほどに、より鮮やかな紅へと変化していきます。 手にした者だけが得られる、究極の醍醐味がここにあります。

創意工夫

『古羊毛』の突出した使用感は、書道家などのあいだでは、周知の事実であるものの、その理由はわかっていなかったため、「広島県立総合技術研究所西部工業技術センター」のご協力により、科学的評価得ることとしました。現在化粧筆として流通している「羊毛」に比べ、当社保有の「古羊毛」は表層が厚い上、さらに内部が密集構造のため、コシがあり切れにくい特性です。また、毛先までキュー ティクルに密に覆われ、繊細なので柔らかく肌あたりの良い特性です。会津塗の伝統技法の「玉虫塗」により、しっとりと肌に添う質感と艶やかな潤いある奥深い紅色はたおやかな曲線を際立たせ、優雅な 極上の化粧筆に仕上げました。木の質感やぬくもりを大切にし、手に納まる丸みを持たせ、女性の持つ優しいふくよかな雰囲気を表現しました。ゆったりとした心温まるひとときをもたらしてくれる筆です。

デザイナーの想い

化粧筆の本質は、質感のよい「毛」にあり、これまでの筆産業の核心部分を構築してきた。しかしながら化粧筆の、道具として実際に人が 触れる部分は「軸」の部分にあります。 本来は「毛」と「軸」が主役で、根本から「筆」の在り方を考えてみました。 持った瞬間の心地良さ、使用上の重心バランスのとれたデザイン。会津塗の伝統的な技法を伝承する「玉虫塗」と出逢い、それを実現しました。

審査委員の評価

『古羊毛』の化粧筆。軸の杢目の美しさを活かした優しい形状が、筆先の柔らかさを際立たせている。会津塗の伝統的な技法を伝承する「玉虫塗」と肌ざわりの良い川尻筆の「古羊毛」、福島と広島の伝統技術が出会い、コラボレーションを実現させたことにも意義がある。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ