GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
知育玩具 [パイプグラム]
事業主体名
武州工業株式会社
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
武州工業株式会社 (東京都)
受賞番号
14G020102
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

パイプグラムは、さまざまな形に曲げられたパイプをジョイントパーツを用いて自由につなぎ合わせていろいろな立体をつくることができる、パズル的な要素も合わせ持った組み立て知育玩具。 輪郭線だけで構成された立体を作る面白さや、曲げられたパイプを用いることで思いもよらなかった形を発見できる楽しさを存分に味わうことができ、「線」状の素材をつなぎ合わせることで立体の成り立ちや構造、空間の把握などを体感しながら学べることが期待できる。実際に手を動かすことでものづくりの面白さを知ることができる、長く親める新しいカテゴリーの上質な玩具となっている。

プロデューサー

武州工業株式会社 代表取締役 林英夫

ディレクター

小関隆一

デザイナー

小関隆一

詳細情報

http://www.pipegram.com

発売予定
2014年10月
価格

4,800 ~ 30,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

様々な形状の曲げパイプを、ジョイントパーツを用いて自由に繋ぎ合わせて造形できるツールをデザインする。

背景

企業が築いてきた高度なパイプの曲げ技術加工を活かした独自のブランド製品をつくる試み。より広く触れてもらえるBtoCの商材として曲げパイプが主役になり得る製品をデザインした。パイプのような「線」の素材を用いることで知育玩具の新しい可能性を示すこともでき、ものづくりに携わるメーカーとして、次世代の子供達が自らの手を使ってものを作る機会を、高い品質で新たに創出することに社会的な意義があると考える。

デザイナーの想い

「線」は3Dモデリングのワイヤーフレームに表現されるように立体物を極限までシンプルに表現できるものであり、また実際の建造物のミニマムな要素として特に日本建築の構造にも見られるような美意識も存在する。その最低限の要素を抽出し玩具として世に出すことで「自分の手でものをつくる楽しさ」を知るきっかけとなり、ものづくりの機会を増やすことにつながればと考える。

企画・開発の意義

線の素材で立体を作るには構造的に強度が必須になる。それを逆手にとって線の素材を自由に、フレンドリーに扱えるようにすることで、形の成り立ちや構造を無意識に体感しながら学習するのに最適な知育玩具となり得る。また様々な形状の曲げパイプを用いることで、単純な立体物でも思いがけない複雑性を持ったものが簡単に作ることができ、形そのものの発見や、線の素材を通して空間把握を感覚的に身に付けられることも期待できる。

創意工夫

ジョイントパーツの素材で扱いやすさが決定される。ここでは「黒い硬い樹脂」と「白い軟らかい樹脂」の2種類を採択しユーザーの楽しみ方の幅を広げられるようにした。アルミパイプはモジュール化されたサイズを基本として展開。複雑になり過ぎないように「扱いやすい形状5種」に絞っている。品質保持のためアルマイト処理を行い長く使い続けられるようにし、また軽量化を図るため肉厚等も配慮するなど、シンプルな製品でありながらディティールを盛り込んでいる。 わかりやすいラインナップをするために、モジュール化されたパイプをセットにした「ベーシックセット(硬/軟)」と、特定の形を表現するためオリジナルの形状のパイプを多用した「組み立てキット」の、大きく別けて2つを展開。全てのパーツの互換性は確保され、ベーシックセットのパーツは全て追加補充用のレフィルも展開。パイプで「描く」ことを連想できるよう「パイプグラム」と名付けた。

仕様

アルミニウムパイプ、樹脂製ジョイント

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パイプグラム公式WEBサイト

審査委員の評価

パイプとジョイント、つまり「線」と「点」を組み合わせる事で自由に三次元空間を作り出す事ができる仕組みだが、アルミ素材を使うことによって、その「線」を曲げ、多面体が様々な表情に変化する仕組みが楽しい。アタマでなく、手で考え、理解する事というプロセスは、玩具というより立体図学の演習模型のクオリティーを感じた。パッケージも美しい。今後は製作例や幾何学などに触れた指南書などへの展開も期待したい。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ