GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ハサミ [スウィングカット]
事業主体名
株式会社レイメイ藤井
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
株式会社レイメイ藤井 (東京都)
受賞番号
14G020083
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スウィングカットは、支点位置を刃の中心からずらす事により従来のハサミと違い、包丁で切るような「引き切り効果」を発揮します。対象物に対して刃を斜めに引くような動きによって切断時の抵抗を軽減しています。又、カット時に支点が邪魔にならずスムーズに切り進むことができ、支点の位置をずらしたことで、他社にない個性的なデザインを実現できました。刃は、刃こばれしにくい二段刃加工で、切れ味が長続きし、ハンドル部分に開閉時に指が痛くなりにくく、微妙な力が伝え易いよう、硬度60%のソフトなエラストマー樹脂を採用しています。又、カット時の衝撃やハンドル同士がぶつかり合う音を軽減するソフトストッパーを採用しています。

プロデューサー

商品企画室 室長 満田 恵

ディレクター

商品企画室 次長 塚原 和博

デザイナー

商品企画室 開発一課 荻野 晃一

詳細情報

http://www.raymay.co.jp/bungu/

発売
2014年9月
価格

700 ~ 1,200円(税別)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

全国の文具専門店または、量販店文具売り場

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ハサミの本質である切れ味の追求

背景

昨今の文具一般はさみ市場の動向としては、切れ味に特化した低価格製品と、切れ味と共に耐久性を両立させた中価格製品の2つのカテゴリーで文具一般はさみ市場は形成されています。我々は、中価格製品の分野で実用性・デザイン性で相応しい製品がないと感じ、企画開発を始めるきっかけとなりました。

デザイナーの想い

はさみという道具を形成している要素は、刃の切れ味が大きな要素となってはいますが、人の手が直接触れるハンドルや刃の可動を支える支点など、様々な要素ではさみという道具が成り立っています。本製品はそのような様々な要素を見直す事によって、はさみの使用をより心地よく感じとってもらえれば永く使って頂ける製品になるのではないかと考えています。

企画・開発の意義

本製品に求めた「切れ味の追求」は、刃の切れ味を上げることが主たる要素ですが、はさみを形成するハンドルや刃の可動を支える支点部の動き、またはさみ自身の形状から感じ取れる切れ味の良さなど全体を通して「切れ味の追求」をはかる事で、ユーザーがより心地よくはさみを使い、また大事にしたいと感じとってもらえるよう開発を行いました。

創意工夫

まずは刃の切れ味を上げるため、包丁で刺身を切る際の引き切りを、はさみの動作に取り入れようと考えました。引き切りは、対象物に対して刃を斜めに引くような動きをして、刃の挿入角度を鋭角にし、切断時の抵抗を軽減しています。実際にはさみに引き切り効果を取り入れるため試行錯誤をし、刃の可動を支える支点位置をずらすたことにより一方の刃が切断時に刃を引くような動作(スウィング構造)を行い「引き切り効果」を実現しました。この支点位置をずらした構造は、刃の切れ味を上げる効果の他、紙などを切り進む時、支点に対象物が添うようにあたり、切り進みやすい効果も担っています。その他に、切れ味を追求するため手にフィットし力が伝わりやすい左右非対称ハンドルを採用。また、開閉時のハンドル同士がぶつかり合うカチカチ音をエラストマー樹脂を使用して音を軽減し、音も切れ味の良さを追求しました。

仕様

スウィングカットスタンダード、スウィングカットフッ素コート、スウィングカットチタンコート=本体サイズ:W70×H184×D14mm(刃渡り:長刃76mm、短刃64mm)/本体重量:85g(包装資材含む)/スウィングカットフッ素コートは、フッ素コート仕上げ/スウィングカットチタンコートは、チタンコート仕上げ/素材:ハンドル=ABS樹脂、エラストマー樹脂、ブレード=刃物用特殊ステンレス鋼/全3種類

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の文具専門店または、量販店文具売り場

審査委員の評価

要の位置を中心からずらし、上下の刃の動くスピードを変える事によって新たな切れ味を実現させた技術力の高さを感じた。機能をそのまま体現したフォルムには説得力があり好感をもった。また、手指にストレスを与えないよう、持ち手をエラストマーとするなど、細やかな心配りも評価したい。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ