GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
修正テープ [モノノート]
事業主体名
株式会社トンボ鉛筆
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
株式会社トンボ鉛筆 (東京都)
受賞番号
14G020081
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2.5mm細幅テープを搭載したノートの修正に最適な学生向けの修正テープ。2.5mm細幅テープと透明な転写ヘッドにより、狙った範囲だけを的確に消してノートを綺麗に仕上げることができる。また、手に馴染みやすくペンケースにも収納しやすい形状やサイズ、片手で転写ヘッドを出し入れできるスライド機構などによって、学生にとっての使い勝手と効率性を高めている。

プロデューサー

株式会社トンボ鉛筆 商品企画部プランニング1グループ 渡邊弘樹

ディレクター

株式会社トンボ鉛筆 商品企画部 形見和則

デザイナー

株式会社トンボ鉛筆 商品企画部クリエイティブデザイン課 黒沼宏美

詳細情報

http://www.tombow.com/products/mono_note/

発売
2014年4月14日
価格

200円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ノートを綺麗に修正できる、高精度コンパクト修正テープ

背景

学生の修正対象はノートに書いた点や文字の一部、アンダーラインや囲み線など細かい範囲が7割を占め、5㎜幅前後の一般的な修正テープは不向きであった。また、近年学生の間で補助線の入ったノートや極細ボールペンなどがヒットしており、ノートをきれいに纏めることへの関心が高まっていた。

デザイナーの想い

学生が筆箱に入れて持ち運ぶのに抵抗がないコンパクトな形状を目指した結果、消す時の日常感覚にいちばん近い消しゴムの形状に落ち着いた。またMONO消しゴムの3色旗を全面に配することで「消す」という行為に信頼感が生まれると考えた。学生が修正テープをより身近に感じ、以前よりもきれいなノート作りをして頂けたらデザイナーとして嬉しく思う。

企画・開発の意義

①狙ったところのみを正確かつスピーディに修正できるため、学習の効率化が期待できる。 ②ノートを綺麗に仕上げるという、より高次元な要求をサポートすることで、学習のモチベーションアップが期待できる。

創意工夫

①学生の修正テープの使用実態に合わせて2.5mm幅の専用設計とした。 ②ノートの罫線を消さずに修正しやすくするため、転写ヘッドを透明素材とした。 ③扁平度の高い本体を操作するにあたり、把持安定性と修正対象の視界を向上させるために狭小空間でテープを90度捻りヨコ引き仕様とした。 ④使用中にスライド機構のロックを誤って解除することを防ぐために、操作に支障のない範囲でロックボタンの極小化を図った。 ⑤外装の複層化を要するスライド機構を搭載するにあたり、携帯性を確保するために内蔵パーツの極小化を図った。

仕様

幅26×厚さ13×全長61㎜、重量10g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の文具店及び量販店

審査委員の評価

修正テープの機能は消しゴムと同様に、字を消すことだ。修正テープをその消しゴムと同じプロポーション、同じグラフィックで完成させた。「MONO」のグラフィックそのものが「消す」という機能を示すアイコンになっているという自信が潔い。消しゴムと同じ感覚でペンケースに入れられ、2.5mm幅の細幅テープで消しゴムと同じ感覚で文字を消す事ができる。「MONO」ブランドという財産を大事に育ててほしいと感じた。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ