GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
腕時計 [セイコーアストロン]
事業主体名
セイコーウオッチ株式会社
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
セイコーウオッチ株式会社 (東京都)
受賞番号
14G010021
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

<セイコー アストロン>は世界の全39タイムゾーンに対応し、ソーラー充電方式で駆動する世界で唯一のGPSウオッチです。ボタンを押すだけで、4基以上のGPS衛星シグナルから現在地を特定し、自動的に現在地時刻を表示します。 独自のスタイルを持つ人々の、オン・オフあらゆるシーンに対応する、スタイリッシュでグローバル感溢れるコンセプチュアルデザインラインにより<セイコー アストロン>の商品バリエーションを更に拡大します。

プロデューサー

セイコーウオッチ株式会社 セイコー第一企画部

ディレクター

佐藤紳二

デザイナー

鎌田淳一

詳細情報

http://www.seiko-watch.co.jp/whatsnew/pressrelease/20130903_2/

発売
2014年2月8日
価格

225,000 ~ 230,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

人類は地球上において一つの時間を共有、生活している。その世界観と神秘的な美しさを表現したかった。

背景

スマートフォンや充電式GPSウォッチなどGPS関連商品が数多く販売されている市場の中で、充電不要で人工衛星から自分の位置を特定し正確な時刻を表示する世界唯一のGPSソーラーウォッチの最新テクノロジーとその世界観を体現する魅力的なかたちを模索し提案した。

デザイナーの想い

セイコーアストロンの独創的なデザインと革新的な技術を併せ持つGPSソーラーウォッチを世界中の人に知っていただき、日本のデザインの品質と技術力の高さを世界中にアピールしたい。また、地球をイメージしたセイコーアストロンをより多くの人に使っていただき、世界中のあらゆる場所で活躍してもらいたいという願いを込めた。やがて、GPSソーラーウォッチが標準化し、人々が時間の調整から解放されることを期待している。

企画・開発の意義

セイコーアストロンは、地球上のどこにいても瞬時に位置を特定し、地域や時差を意識せずに正確な時刻を知る事ができるというテクノロジーを提供している。2012年に発売したスタンダードラインに加え、コンセプチャルなデザインバリエーションを補完することにより、多様化するユーザーのニーズに応えた。

創意工夫

新しいテクノロジーであるGPSソーラーウォッチを体現する「地球」をモチーフとした立体感のある造形を目指した。この腕時計の最大の特徴であるサファイアガラスを地球を覆う成層圏に見立てるため、ダイヤモンドに次ぐ硬さのサファイアガラスブロックから10時間以上かけて滑らかな曲面を削り出す手法を採用し、非常に透明感のある風防を実現した。裏蓋も風防同様、緩やかな球面形状とし、ケース全体を球形にまとめた。装着性にも配慮し、金属パーツを埋め込んだシリコンバンドを採用することにより、強度とフィット性を両立させ、心地よく永く愛用していただくよう工夫した。文字盤は、立体的なスロープ状のインデックスを配し、大型の時分針とともに視認性を確保した。中央部には、文字盤外周部にレイアウトされた現在地のタイムゾーンを示す都市コードと連動させたオリジナルの地図を半透明インクで印刷し、デザインの奥行を広げた。

仕様

縦55.20mm×横48.20mm×厚さ18.10mm 138g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

デパート、家電量販店、時計店

審査委員の評価

GPSソーラーの機能技術におけるオリジナリティとGPSソーラーから導き出した地球モチーフによる感覚に訴求する造形技術が融合して明解なメッセージを具現化した優れたデザインに仕上がっている。とりわけ塊から削り出したサファイアガラスの存在は美しく印象的だ。

担当審査委員| 廣田 尚子   小林 昭世   中坊 壮介   山田 遊  

ページトップへ