GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
腕時計 [プロマスター エコ・ドライブ アクアランド]
事業主体名
シチズン時計株式会社
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
シチズン時計株式会社 (東京都)
受賞番号
14G010020
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

70mまで計測可能な電子式水深センサーを備えた、ISO・JIS規格対応、200m防水の光発電式ダイビングウオッチ。水深計は使用頻度の高い、浅い深度の部分に多くの目盛りを割り当てることで、視認性や、ダイナミックな針の動きを可能としている。また、ダイビングウオッチは、水中という特殊な環境で使われるため、形状や色による針の誤認防止策など、視認性への考慮はもとより、充電量の常時表示や低充電時の水深計測不可、急浮上警告などの安全対策も施した。また、水感センサーを備え、水に触れた時点で自動的に水深の計測を始めるように設計されている。

プロデューサー

シチズン時計株式会社 シチズンブランド事業部 事業部長 竹内則夫

ディレクター

シチズン時計株式会社 シチズンブランド事業部 デザイン部 部長 小松淳

デザイナー

シチズン時計株式会社 シチズンブランド事業部 デザイン部 チーフデザイナー 高橋泰史、デザイナー 漆崎和平

詳細情報

http://citizen.jp/topics/2014/20140508.html

発売予定
2014年6月
価格

88,000 ~ 98,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ダイバーが象徴として使用できるような、情緒的な美しさ、冒険心を駆り立てるデザインを提案する。

背景

プロマスターというブランドの再構築にあたり、機能性だけではなく、情感があり、未知の世界に挑戦しようという気持ちを誘うような商品が必要であると考え、企画開発を始めた。その背景には、ダイブコンピューター等の普及により、ダイバーにとっての腕時計の位置付けが、本格的な使用だけでなく、象徴として使用されることも多くなってきているということがあった。

デザイナーの想い

ダイビングウオッチという機能性の重視される腕時計に、感性的な部分で冒険心を支えるような工夫をしたかった。また、多くの人の頭の中にあるダイビングウオッチの形状イメージを、合理的な理由を損なわずに、くつがえすようなデザインを提案したいと考えた。

企画・開発の意義

ダイビングという、一歩間違うと命の危険を伴うシーンで使用するものに、デザインの視点から新しい提案をして、実用品の域をこえた価値を提供し、ユーザーのダイバーとしての誇りや、物事を極めたいという挑戦心をささえる。

創意工夫

ユーザーと直接コミュニケーションを図り、ダイビングウオッチの常識を一から再検討した。その結果を吟味し、機能性を損なわずに、ダイビングウオッチとしての新しい魅力、冒険心を駆り立てるような工夫を考えた。回転ベゼルは、手のひらで押し付けるようにして回すことが多いことから、横に飛び出さず、上方向に突起を設けた。これによって、印象的なケースの形状を実現した。このケースは2枚貝をイメージしたもので、上下を別体とすることで、仕上げ品質の向上とともに、耐ショック性も向上させている。水中では地上よりも大きく視認性が悪化し、また、思考力が落ちる可能性もあることから、水深計と時刻計は形状と色、発光色でしっかりと分類、針の動きも水面をイメージしやすいように水平を0とし、実用域でダイナミックな針の動きが楽しめるよう目盛り分割をアレンジした。

仕様

ケース素材:ステンレス バンド素材:ウレタン ガラス:クリスタルガラス(無反射コーティング) ケース径/厚み:52.5mm/18.4mm(設計値) 主な機能 Cal:J250/月差±15秒/光発電エコ・ドライブ/水深計測機能:1〜70m/最大深度メモ1〜70m/逆回転防止ベゼル/日付表示/充電量表示機能/夜光/潜水用防水200m

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国百貨店、量販店
シチズン時計株式会社公式ウェブサイト トピックス

審査委員の評価

ダイブコンピュータの普及によってダイバーズウォッチの価値の再設定が必然であったことと、ブランドが持つ歴史との整合性を構築した苦心作。これはダイバーズウォッチに限らず、腕時計全般に時計機能だけでない象徴性を見出すことが求められている時代背景を浮き彫りにした例といえる。

担当審査委員| 廣田 尚子   小林 昭世   中坊 壮介   山田 遊  

ページトップへ