GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ものづくりデザイン賞

受賞対象名
マスク [PITTA MASK]
事業主体名
株式会社アラクス
分類
生活用の装身具、スポーツ用品
受賞企業
株式会社アラクス (愛知県)
受賞番号
14G010001
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「PITTA MASK」は、柔らかく伸縮性のあるポリウレタン素材で作られた花粉用マスク。ポリウレタンという新素材を採用することで、顔の凹凸に密着して花粉が侵入する隙間を作らず、長時間着けても耳が痛くならない優しい着け心地を実現した。また、このポリウレタン素材は、セル(=孔)を花粉捕集に最適な大きさや密度にコントロールした立体網目構造にし、通気性を妨げるセル膜を完全に除去する、ポーラスフィルター技術が施され、花粉捕集率99%のフィルター性能と、圧倒的に息がしやすい高い通気性能の相反する性能を両立している。また、洗って繰り返し使用でき、3回洗っても花粉捕集率99%を保つ。

プロデューサー

株式会社アラクス 企画部 製品開発課

ディレクター

株式会社アラクス 企画部 製品開発課

デザイナー

株式会社アラクス 企画部 製品開発課

詳細情報

http://www.arax.co.jp/pittamask/index.html

発売
2013年12月18日
価格

474円 (税抜き価格)

販売地域

日本国内向け

仕様

形状 伸縮性のあるポリウレタン素材を採用した顔型密着マスク 寸法 高さ125mm×奥行き161mm 重量 3.4g

受賞対象の詳細

背景

昨今は温暖化の影響等で花粉が多く産生される傾向にある中、スギ花粉症患者は日本の人口の約30%を占め、さらに増えている。一方、花粉症の自己対策ではマスクの使用が一般的だが、患者は「マスクは花粉をある程度防いでくれるものの不十分」と感じている調査結果がある。今までフィルター性能による捕集率は意識されてきたが、更なる防止には、顔とマスクの間に隙間のない、どんな顔の形にも合うマスクの開発が必要だと考えた。

デザインコンセプト

花粉捕集率を担保しつつ、顔の凹凸に追従することで、密着して隙間を作らないマスク

企画・開発の意義

マスク選びにはフィルター性能だけでなく、そもそも自らの顔の形に合うものを選ぶことの重要性を提案。そして、「フィルターによる花粉捕集」と「顔との隙間から花粉を入れない」という2つの効果を兼ね備えることによって、マスクの花粉に対するガード力のレベルを引き上げ、花粉症患者の毎日をより快適に、よりアクティブにすることを目指した。

創意工夫

特殊技術により開発した新ポリウレタン素材を採用。柔らかく伸縮性があるポリウレタン素材によって、顔の凹凸に密着して花粉が侵入する隙間を作らない。また、素材自体の柔らかさに加え、耳掛け部の幅を太くし、耳に当たる面積を広くすることで、耳にかかる圧力を分散させ、優しい着け心地を実現。長時間のマスク装着を可能にした。そして、このポリウレタン素材は、特殊技術であるポーラスフィルター技術によって、素材自体を多孔質化する際に、セル(=孔)を花粉捕集に最適な大きさや密度にコントロールした立体網目構造にし、通気性を妨げるセル膜を完全に除去することで、花粉捕集率99%のフィルター性能を担保するとともに、圧倒的に息がしやすい高い通気性能という両立しにくい性能を高い次元で確立することができた。

デザイナーの想い

近年、マスクはガーゼから使い捨ての不織布へと主流が変遷してきたが、ポリウレタンという新しい素材を採用した既成品にないアプローチによって、マスクの可能性を広げ、ブレークスルーした全く新しい次世代のマスクが誕生した。また、顔にフィットし、フィルター性能と通気性能を高次元で確立した機能性により、マスクの花粉対策力を不十分と感じているユーザーに衝撃を与えるとともに、不快なマスク生活からの解放を提供したい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ドラッグストア他

審査委員の評価

これまで、ほとんどのマスクは伸縮性のない不織布を基布としているため、フィルターそのものの性能が高くなっても、個々の顔にフィットして隙間をなくすことに関しては、画期的な解決は施されてこなかった。PITTA MASKは、発泡ポリウレタンの素材特性を最大限活かして、防塵機能・顔へのフィッティング・耳の痛みをトータルに解決している点が見事な開発である。洗浄して繰り返し使える点もユーザーにとって安心できる。

担当審査委員| 廣田 尚子   小林 昭世   中坊 壮介   山田 遊  

ページトップへ