GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|復興デザイン賞

受賞対象名
デジタルアーカイブ [東日本大震災アーカイブ]
事業主体名
首都大学東京 渡邉英徳研究室
分類
公共のためのメディア・ソフトウェア・コンテンツ
受賞企業
首都大学東京 渡邉英徳研究室 (東京都)
宮城大学 中田千彦研究室 (宮城県)
受賞番号
13G141146
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「東日本大震災アーカイブ」は、震災の被害状況を可視化し、災害の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズです。被災地の写真、被災者証言、ツイートなどを一元化し、デジタル地球儀上で俯瞰することができます。またスマートフォン用ARアプリによって、過去の被災状況を現実空間に重ねてみることができます。さらに、震災後に蓄積されたビッグデータを活用し、当時の状況を可視化する試みも行なっています。まず、福島原発事故における放射性ヨウ素の拡散状況を、複数のシミュレーションデータを重層することで可視化するプロジェクト。そして、東日本大震災発生後24時間の間における報道空白域を可視化するプロジェクトです。

プロデューサー

渡邉英徳

ディレクター

渡邉英徳、中田千彦

デザイナー

佐々木詩織、太田裕介、佐々木遥子、野澤万里江、田島佳穂

詳細情報

http://nagasaki.mapping.jp/p/japan-earthquake.html

利用開始
2012年10月31日
価格

0円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

3D地形が網羅されたGoogle Earthをプラットフォームに用いることによって、東日本大震災の被災状況を、日常的な世界に重ねあわせて捉えるための機会を提供しています。さらに、スマートフォンのARアプリで過去の資料が身の回りの空間に重ねて表示されることによって、その点が強化されます。ユーザは仮想空間と実空間を自由に探索しながら、震災被害の実相について、より深く知ることができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

東日本大震災そして福島第一原子力発電所事故は、必ずしも遠い場所・遠い過去のできごとではなく、ユーザ自身が過ごしている日々と地続きの事象であることを、実感するきっかけを提供しています。本作品は、ユーザが過去の災害の実態を深く知ることを通して、近未来に想定されている、新たな災害に対処するための知見を、身につけるプラットフォームとしても機能しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本作品では、インターネット上に散在するデータをまとめ、ユーザが理解しやすいかたちで提供するためのコンテンツデザイン手法を提案しています。この手法ではGoogle Earthやスマートフォンなどの広く普及したプラットフォームを利用していることから、より多くのユーザに魅力的なコンテンツを届けられます。また、ソーシャルメディアを活用したコラボレーションは、コミュニティ・デザイン手法の一例ともなり得ます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

東日本大震災の記録と記憶を、世界中の人々が共有する手段を提供しています。PCとスマートフォンのインターフェイスからは出来る限り文字情報を省き、直感的に操作可能にしています。公開後、これまでに134カ国から13万ページビュー以上のアクセスがありました。本作品は国際的に評価されており、The Atlantic等のメディアで特集記事が組まれるとともに、アルスエレクトロニカで受賞しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

東日本大震災から時が経ち、特に被災地以外の人々にとって、徐々に過去の記憶となりつつあります。私たちが制作したコンテンツが、地理的にも時間的にも遠いできごとを身近に感じ、思い起こすためのきっかけになれば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ウェブサイト,App Store
東日本大震災アーカイブ
App Store:東日本大震災アーカイブARアプリ

審査委員の評価

ネット社会に多く分散して存在する様々な震災の記録。その記録を記憶するために必要なアーカイブ。それは次世代へ災害からの教訓を伝えるために必要なものである。本企画は、震災アーカイブとして多くのデータを集め、そして多くの人々に見せるシステムとして表現力、技術力を持ち、同時に世界に類のない先進性を有し、評価された。

担当審査委員| 中谷 日出   池村 明生   林 千晶   吉田 順一  

ページトップへ