GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
診断情報システム [プライムビータプラス PRM-4000]
事業主体名
日本光電工業株式会社
分類
研究・教育・医療のためのサービス・システム
受賞企業
日本光電工業株式会社 (東京都)
受賞番号
13G141120
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本システムは主に生理検査室および内視鏡検査室において、業務効率の改善と医療品質の向上、及び安全性の向上を提供するシステムである。医療施設内の各診療科の検査データ、及び被検者情報を一元管理し、検査をシームレス且つスピーディーに、安全に行える環境を提供する。また、施設内のどの端末からもデータ参照が可能であり、時と場所を選ばずに情報の活用が可能である。これにより、医療従事者の負担を軽減する事を可能としている。また、医療データの標準化にも対応しており、地域連携・施設間連携を含む対応が可能。

プロデューサー

日本光電工業株式会社 医療機器技術センタシステム1部 部長 清水 正治

ディレクター

日本光電工業株式会社 デザインセンタ 所長 有光 隆也

デザイナー

日本光電工業株式会社 デザインセンタ デザイン一課 藤本 晴夫、小林 恭輔

詳細情報

http://www.nihonkohden.co.jp/

発売
2012年8月31日
販売地域

日本国内向け

設置場所

医療施設内各診療科検査室及び救命救急センター、外来

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

本システムは、見やすい色調、アイコン等により長時間使用時でも操作者の身体的負担の軽減を実現している。また、検査時に何をすべきかを明確に把握することが可能となり、医療従事者側には「業務効率改善による負担の軽減」を提供する。さらに被検者側には「スピーディーでストレスのない検査」を提供することを実現している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

検査データを一元管理する事により、複数の検査技師、医師、さらに診療科を跨いで情報共有が可能となり、ひいては診断をサポートすることにもつながり、診療・診断のスピードアップと医療の質の向上が期待出来る。これは被検者側には「安心」を提供すると共に「病を治癒させる事の促進」にも寄与出来ると考えている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

•システム構成がシンプルになり、サーバを減らす事が可能であり、LCDも2台を必要とした内容を1台にまとめた。これにより設置スペースや導入・維持・保守コストの削減を実現している。また、電子カルテ上でも編集を可能としており、専門部門端末を設置している場所まで移動する事が無くなる為に、専用部門端末の削減が可能で、コスト削減を実現している。•医療品質の向上は病院自体の信頼性向上に寄与できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

持続可能な社会実現の為に、PCの台数を押さえつつ、地域連携を可能にしている。システムとして標準化を強く意識しており、厚生労働省標準のSS-MIXにも対応する事により、施設間の相互データ利用を実現している。地域連携・施設間連携を含む医療連携の強化を行い、医療の質の向上と発展に貢献する。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本システムにより、「シームレスなワークフローとサービス」の提供によって様々な検査データを、現在から過去、過去から未来にわたって情報を繋げて行くことが可能となる。それが地域医療全体へと波及し、医療の質の向上と発展へとつなげるための革新的なスタンダードシステムとして、プライムビータプラスを提供します。本システムが医療に携わる方々、病に悩む方々の一助となれば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本光電工業株式会社

審査委員の評価

医療施設内での検査データ、被検者情報を、ワークフローという概念のもとに、効果的に一元管理しようとするシステムである。医療情報のIT化は以前から進められ、検査結果の単純な電子データの一括保存や参照機能等に発展してきている。これらに比べ、本システムは、電子カルテと画像・波形データの一体的システムで、受付から検査、レポート作成までのワークフローを考慮しつつ、ユーザーフレンドリーに情報・データを統合していることが評価に値する。

担当審査委員| 中谷 日出   池村 明生   林 千晶   吉田 順一  

ページトップへ