GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
キッズデザイン製品開発・設計の支援ツール [キッズデザインツールズ]
事業主体名
独立行政法人産業技術総合研究所、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会
分類
開発・生産・製造のためのメディア・ソフトウェア・コンテンツ
受賞企業
公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 (東京都)
受賞番号
13G131089
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

平成24年度「キッズデザイン製品開発支援事業」情報活用整備プロジェクトにおいてAISTとJIDAが共同開発した「キッズデザイン製品開発支援ツール」を製品化したものである。子どもの身体寸法、身体能力、事故情報を見やすく、わかりやすく図解した書籍。子どもの身体外形や各種ポーズをAdobe illustrator とDXFデータにして収めたCD。子どもの身体寸法をリアルにシミュレーションするために、使い勝手や収納性まで考慮した原寸トルソーを、目的に合わせて3種類開発した。

プロデューサー

独立行政法人産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター 西田佳史

ディレクター

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 金井宏水

デザイナー

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 古賀康隆、菊地和浩、藤木準子、久永文、大竹美智子

発売
2013年10月
価格

5,000 ~ 90,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

応募対象製品は、全て直感的に使い方を理解でき、利用し、収納できるよう工夫されています。身近な場所に置き、必要な場所に携帯できることで、子どもの事故予防に配慮された設計・デザイン(キッズデザイン)による製品の開発を支援し、持続可能で安全・安心な社会の実現に向けて貢献するものである。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

応募対象製品は全て収納性に優れており、狭い場所でも必要なときに取り出し、使用することができます。また、必要な場所に携行し、使用できることで、学校教育やセミナー、ワークショップなど、あらゆる現場で活用できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

空気で膨らませるエアートルソーは、軽く、収納・携行性に優れている。また、腕や下半身を分離してポーズを変えられる工夫がされている。手足のトルソーは柔らかい発泡材料で作られており、自由に曲げることで、隙間への指入れ、握りなどのシミュレーションができる。原寸大の人体テンプレートは半透明で薄いPP板を使用しており、図面の上で検討したり、ポーズを自由に変え、外形をなぞって紙に描くこともできる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

応募対象製品は全て、子どもの安全安心と健やかな成長発達を目指した『キッズデザイン』に基づいた製品の開発を支援するためのツールである。また、教育現場やセミナーなどでの活用も想定して、収納性、携行性、親しみやすい表現や色・形にも配慮している。持続可能で安全安心な社会の実現に向けた様々な現場を支援するものである。

ユーザー・社会に伝えたいこと

毎年、「不慮の事故」に遭遇して命を落としたり、重篤な後遺症を抱える子どもがたくさんいます。その多くは子どもが近くに居ること、子どもが触れることを想定していなかったモノや環境で起きています。私たち製品開発に関わる者は常に「もしもそこに子どもがいたら」と意識を持つことが大切であり、このツールの存在が、そのきっかけ作りになればと願っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社マザーツール (TEL)049-237-4850

審査委員の評価

子どもの身体寸法、身体能力など、製品設計やデザインに必要な各種のデータを、ガイドブックとして丁寧なデザインの中に整理している。少子化の中でも、こういったものを作っていくという姿勢も素晴らしい。

担当審査委員| 永井 一史   久保田 晃弘   紺野 登   田川 欣哉  

ページトップへ