GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
高齢者安心サポート付賃貸住宅 [アパート・マンションの空室を活用した「高齢者安心サポート付賃貸住宅」]
事業主体名
(株)シノケングループ、(株)シノケンウェルネス、(株)リクロス、(株)シノケンファシリティーズ
分類
ビジネスイノベーション、ビジネスモデル
受賞企業
株式会社シノケングループ (東京都)
受賞番号
13G131086
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

超高齢化社会が到来した現在、特別養護老人ホームの待機人口は数十万人にのぼるといわれ、高齢者の方が「低価格で安心して暮らせる住まい」は圧倒的に不足しております。弊社グループではこれまで主に一般の会社員の方々に対し、アパート・マンション経営による資産づくりのご提案をさせて頂き、供給戸数は25,000戸を超えております。この価値ある資産の空室部分を「高齢者安心サポート付賃貸住宅」として活用し、病院やケアマネージャー、介護事業者、配食業者等と提携した様々なサービスをご提供することで、高齢者の方へ低価格で安心して暮らせる住まいをご提供してまいります。

プロデューサー

篠原 英明

ディレクター

篠原 英明

デザイナー

篠原 英明

詳細情報

http://www.shinoken.co.jp/

株式会社シノケンウェルネス 設立年月日
2012年12月3日
価格

25,000円 (入居費(福岡)家賃2万5千円〜、運営管理費1万円、共益費2千円〜)

販売地域

日本国内向け

設置場所

全国主要都市(首都圏・名古屋・福岡・仙台・札幌)

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「高齢者安心サポート付賃貸住宅」では、病院やケアマネージャー、介護事業者、配食業者等と連携し、様々なサービスを提供しております。高齢者の方は、これらのサービスの中から自己に必要なものを選択することができ、また、コールセンターによる緊急支援体制の整備により、一人暮らしであっても安心して自立した生活を送ることができます。また、生活の安全面を考慮し、手すりの設置や段差解消などを行っております。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

賃貸物件であるため、高齢者の方でもプライバシーを保持した自立的な生活ができるとともに、24時間対応のコールセンターの緊急支援体制により安全面も重視した生活が可能となります。また、低価格な賃料設定のため、費用面での負担を軽減することができる他、当社グループの物件は駅近くの立地に厳選されて建築されておりますので、利便性も享受できます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

賃貸住宅の経営者、介護・医療サービス業者等、様々な企業が連携することで新しいサービスの形を創出するとともに、各業界が発展できる場を提供できると考えております。既存の賃貸住宅ストックを活用した高齢者向け住宅を提供することにより、スクラップアンドビルドの不動産業界の慣習から脱却し、持続可能なビジネスモデルを構築致します。これは、住宅ストックの有効活用を推奨する国の方針にも沿うものであります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

内閣府によると2015年には4人に1人が65歳以上の高齢者になると推計されておりますが、先進諸外国と比べ日本の高齢者向け住宅は不足しており、特別養護老人ホームの待機人口は数十万人に上ると言われています。このような現状において、当社グループの事業は「高齢者の住宅難民を救う」という社会的意義を有するものを目指しております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

我々シノケングループは、少子高齢化という日本の抱える社会問題に対し、これまで供給してきた賃貸物件の新たな活用法として、「高齢者が低価格で安心して生活できる住宅」を目指し、アパート・マンションの空室を活用した「高齢者安心サポート付賃貸住宅」という新しいビジネスモデルをご提案致します。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社シノケンウェルネス
株式会社シノケングループ
株式会社シノケンウェルネス
株式会社リクロス

審査委員の評価

人口減少により賃貸住宅の空き室が増えている。一方、進行する社会の高齢化の中で老人ホームへ入居できない高齢者が増えている。このサービスは、これら2つの問題を結びつけて「高齢者安心サポート付き賃貸住宅」というフレームワークで解決したところが特徴である。老人ホームには入れない、もしくは入りたくないが、充実した介護サービスは受けたいという高齢者に安価で安心な選択肢を提供できている点を評価したい。

担当審査委員| 永井 一史   久保田 晃弘   紺野 登   田川 欣哉  

ページトップへ