GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
分譲住宅リノベーション再生プロジェクト [リノベーションプロジェクト・瀬田ファースト]
事業主体名
株式会社リビタ
分類
ビジネスメソッド、ビジネスマネージメント
受賞企業
株式会社リビタ (東京都)
受賞番号
13G131084
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

バブル絶頂期だからこそ実現した豊かな空間、本物の素材、洗練された意匠、優れたロケーションを併せ持つ唯一無二の集合住宅である「瀬田 ファースト」。二子玉川の丘に佇むその銘邸はバブル崩壊後に分譲を断念されたものの、かつては高級賃貸レジデンスとして人々の羨望を集めた。 しかし、失われた20年はこの建物を、数世帯しか居住しない、適切な維持管理もままならない建物へと変えた。私たちはこの建物の所有者の一人 となり、管理組合と共にリノベーションを行い、更にその魅力が普遍的に維持される仕組みをインストールし、新たな所有者へ分譲していくこと で、豊かな暮らしが営まれる建物へと再生することを目指した。

プロデューサー

株式会社リビタ 齋藤渉

ディレクター

株式会社リビタ 相澤佳代子、黒田大志、秋永直樹

デザイナー

モデルルーム設計/404:フォワードスタイル株式会社 代表取締役社長 南部昌亮、502:株式会社乃村工藝社 A.N.D クリエイティブディレクター 小坂竜

発売
2013年1月
価格

1 ~ 2億円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都世田谷区瀬田1-9-43

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

専有部分はモデルルームを2例提案する手法をとり、中古マンションから想像しがたい改装後のイメージとライフスタイルを表現。自身での改装を希望する方にもより具体的な完成イメージがつきやすく、コストも視える化した。モデルルームでは、50代以上へ向けた玄関からリビングへ空間が広がる開放的な間取りと、家族人数が多い40代へ向けた個室を重視した間取りを提案。幅広い世代が安心して心地よく暮らせることを表現した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

長く住み継がれるためにライフサイクルコストの低減を図ったこと。無駄のあった管理費を削減し不足していた修繕積立金へ振り替え(年間約216万円)、分譲住宅運営に適切な状態へ改善した。また設備インフラの改修によりランニングコストも改善。駐車場の増設により管理組合収入も強化した。さらにハードの修繕も実施し、30年間の長期修繕計画実現の道筋をつけた。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

マンション老朽化という問題に対し、ハードルが高い「分譲マンション建替え」に代わる新たな選択肢となり得ること。建替えの場合、コストのみならず管理組合の合意形成など高いハードルがあり、実現は難しい。今回の手法は、そこへ事業会社が入り過去のノウハウを総合的に活用することで再生を実現するという方法である。事業者、管理組合、管理会社の3者が協力体制をつくり、ソフト面を含めたリノベーションを実現した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

良質な社会資本を再生させ、地域に寄与すること。そのままでは人の住まない建物になりかねない状態であったこの建物を、15世帯の“普通分譲マンション”として再生させ、良質な社会資本として活用できるようにした。外観、意匠ともに稀有な地域のシンボル的建物を住宅として活用することで、地域のシンボルであり続けられるようにした。

ユーザー・社会に伝えたいこと

当物件は、ロケーション、デザインともバブル期に建てられた最上級の建物ですが、活用されていない大変「もったいない」状態でした。このストックをうまく再生させれば、比較的安価に良質な高級住宅を提供できます。このようなリノベーションをもっと活発にすることで、東京の住宅事情を向上させることが出来るかもしれません。また分譲マンションが建替時期を迎えた際、リノベーションで再生させるという選択肢になり得ます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都世田谷区瀬田1-9-43

審査委員の評価

バブル期の遺産を再生するというケースで、今後こういったタイプの事例は増えるものと思われるが、単なる表層的なインテリア・デザイン等の改装ではコスト、管理費などの問題を解決するだけの価値は生みだせない。この事例では事業者が住戸を買取って、管理組合と共に仕組みを構築しており、企業再生に似た手法を用いた点を評価した。

担当審査委員| 永井 一史   久保田 晃弘   紺野 登   田川 欣哉  

ページトップへ