GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
楽天スマートペイ [楽天スマートペイ]
事業主体名
スマートペイ事業部
分類
流通・販売のためのサービス・システム
受賞企業
楽天株式会社 (東京都)
受賞番号
13G131068
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2012年12月にローンチした、スマホのイヤホンジャックに小さな端末を挿入することでスマートフォンがクレジットカードリーダーとなるサービス。カードリーダーを無料で提供するキャンペーンを実施中であり(安い)、申込みから3営業日での利用開始(早い)、入金サイクルも翌日(便利)の3拍子がそろった、革新的サービス。これまでクレジットカード決済未導入の中小規模の事業者のニーズに応え、事業も順調に成長中。

プロデューサー

楽天株式会社 スマートペイ事業部 事業長 小林重信

ディレクター

株式会社サムライ 佐藤可士和

デザイナー

株式会社サムライ 佐藤可士和

詳細情報

http://smartpay.rakuten.co.jp/

発売
2012年12月6日
価格

0円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

【優れたモビリティ】 従来のCAT端末では、コードを要することや重量の重さ等から、持ち運びはなかなか難しく、屋外での祭事・イベント、宅配での利用は困難だとされていた。スマートペイは、スマートフォンと小型カードリーダーのみでのクレジットカード決済を可能にし、「さっと取り出し」、「さっと使える」、新しいクレジットカード決済の形を提供した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

【ポイント獲得機会・決済方法の増加】 これまでクレジットカードが利用できなかった店舗にスマートペイを導入してもらうことによって消費者の「お得なポイントのためにクレジットカードが使いたい」「高額商品はカードで支払いたい」といったニーズの充足に貢献。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

【安くて手軽にクレジットカード決済サービスを導入】 従来のCAT端末では、端末費用と固定費が高額、設置は煩雑。年々クレジットカード利用客は増しているが、導入できない自営業や中小企業も多い。既に加盟店が持っているスマホ端末を活用し、楽天ならではのスケールメリットを生かすことで、端末費用を安価にし、固定費を無料化。スマートペイは、クレジットカード決済導入のハードルを下げ、中小事業主の活性化に貢献。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

【ペーパレスと節電で、エコへの貢献】 従来のCAT端末では大量の不要レシートが発生。スマートフォンで決済し、決済内容を顧客にメール送信することで、ペーパレスの実現に繋がった。また、従来のCAT端末は常に電源を要し、無駄な電力を使う。スマートペイは、スマートフォンに取り付けるだけでCAT端末の代わりを果たす。そのため、電力はスマートフォンの充電のみとなり、無駄な電力の削減に貢献している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

これまで現金払いのみで大切なお客様に心苦しい思いをさせてしまった中小企業・個人事業主も少なくない。そんな皆様のビジネスの場に手軽な価格で、いつでもどこでも簡単に利用できるカード決済サービスを提供することで、多くの事業主のビジネス拡大、および消費者との信頼関係構築を支援したい。その思いから、このサービスは誕生した。1人でも多くの中小事業主をサポートするため、最高の決済サービスを提供していきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

楽天スマートペイ オンラインショップ
楽天スマートペイ

審査委員の評価

楽天スマートペイはスマートフォンでのクレジットカード決済を可能とするプロダクト・サービスプラットフォームだ。これまでクレジットカード端末を置くことができず、現金決済しか提供できていなかった小規模店舗や個人事業主にクレジット決済の道を開いた。スマートフォンのイヤフォンジャックに小型のカード読取機を挿入することで使用可能となるハードウェアの仕組みも、現代のネットワーク時代ならではの構成である。この分野ではSquare, PayPal Here, Coineyといった競合サービスがひしめくが、仮想店舗ビジネスとの連動なども含め、リアル・バーチャルの両面から小規模ビジネスの現場における決済インフラを根底から変えてしまう可能性を秘めたサービスとして高く評価したい。

担当審査委員| 永井 一史   久保田 晃弘   紺野 登   田川 欣哉  

ページトップへ