GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
介護ソリューション [むつき庵]
事業主体名
株式会社はいせつ総合研究所
分類
生活のためのサービス・システム
受賞企業
株式会社はいせつ総合研究所 (京都府)
受賞番号
13G121055
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

排泄は長年にわたり身体が覚えたことなので、こだわりも習慣も百人百様です。そのため排泄ケアは暮らし全体の丁寧なアセスメントが必要です。むつき庵は暮らしの場である民家を展示場にし、医療と連携し、相談を受けています。排泄ケアの方法だけでなく、本人や介護者の暮らしの向上につながる用具も紹介しています。暮らしの視点からのケアを広く伝え、実践するために、独自の『おむつフィッター研修』を開催。研修修了者は、地域の排泄ケアの拠点となる『ミニむつき庵』を開設し、情報発信に努めています。むつき庵は相談、提案の中で得られた情報や方法を広く社会に発信し、地域と人をつなげ、高齢社会の暮らし向上の一助となるシステムです。

プロデューサー

株式会社はいせつ総合研究所 浜田きよ子

ディレクター

株式会社リブドゥコーポレーション 三宅浩史+ニシキ株式会社 江副正典+ミツカワ株式会社 辻岡義之+株式会社福祉用具研究会 鈴木孝昌+リシュタ・プランニング 西山茂樹

デザイナー

株式会社はいせつ総合研究所 浜田きよ子、平田亮子、榎堀広美、樽屋泰子、大坪麻理

詳細情報

http://www.mutsukian.com

利用開始
2003年11月
販売地域

日本国内向け

設置場所

京都市上京区下立売通黒門西入橋西二町目648

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

排泄ケアの質を高めることで不必要なおむつの使用が低減し、被介護者の身体は動きやすくなります。また皮膚トラブルも軽減します。なにより被介護者にとっては気持ちの良い身体となります。介護者は心身の疲労がとれ、介護負担が軽減します。洗濯物が減ったり、排泄物の処理などが少なくなり、精神的、身体的な負担を大きく減らします。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

適切な排泄ケアは、しっかり食べること、気持ちよく出すことを実現するものです。排泄は食べることやトイレまで移動すること、衣服の着脱、便器に座ることなど様々な行為や動作にかかわるものです。よりよい排泄ケアが実現すれば生活自体が大きく変わり、被介護者や介護者の生活への意欲や気持ちも変化します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

排泄ケアは排泄器官だけを見るのではなく、排泄動作など暮らし全体から考えていかなければならないものです。しかし、例えば紙おむつメーカーは自社製品や競合他社の製品のことには精通していても、他の排泄用具や排泄動作などにはあまり詳しくありません。多くの排泄用具を展示し試せる場所を提供することは、製品開発にも寄与していると言えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

おむつフィッター研修を修了した有志が「ミニむつき庵」という排泄ケアの相談場所を開設しています。現在全国に21ヵ所あり、地域で用具を展示し排泄の相談を受けており、地域の集いの場にもなっています。また研修修了生は地域や職場で勉強会を行っています。排泄ケア向上に伴いおむつが不要になることも多く、そのことは資源を守り、使用済みおむつの焼却コストを軽減します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

気持ちのよい排泄のためには、広い視点と様々な専門性が必要です。また排泄はその人なりのこだわりや地域特性などもあり、決まった正しい答えがあるものではありません。このデザインを通して 私たちは様々な地域とのつながりや、専門職種との連携を図り、 私たちの得たものをしっかりと高齢化した社会に発信します。私たちの活動が、「老いても病を得ても豊かに生きる」ことへの一助になれば、と願っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

むつき庵 京都市上京区下立売通黒門西入橋西二町目648
むつき庵ホームページ

審査委員の評価

排泄という行為は日常では隠されているが、確実に存在している。そして生涯に渡って自力で行える保証はない。いつか、誰かにケアしてもらうことになった時、本人や介護者がどう向き合ったらいいのか。 そんな悩み解決のために存在しているのが『むつき庵』である。暮らしの場である民家を展示場として、医療と連携しながら相談を受けている。更に、本人と介護者の生活向上に繋がる器具の紹介、排泄のケアを広く伝え実践するために『おむつフィッター研修』を開催している。 情報発信の根底には『老いても病を得ても豊かに生きる』というコンセプトがある。これまで避けられ明言されることの少なかった排泄という分野への取り組みは、社会問題と真摯に向き合うプロジェクトとして高く評価できる。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ