GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
介護・高齢者社会の生活支援サービス [介護・高齢者の自立支援「wells ウェルス」の取組み]
事業主体名
積水ホームテクノ株式会社
分類
生活のためのサービス・システム
受賞企業
積水化学工業株式会社 (東京都)
積水ホームテクノ株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G121038
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Wellsは、超高齢社会の喫緊の課題に対し、施設や住居へ最適な設備機器や仕組み・空間を提供する。高齢者の加齢による心身の負担と、介護が必要な人の生活を支える家族・介助者の心身への負担が、共に社会問題となりつつある。Wellsは、これら高齢者と、とりまく人々の生活や作業の負担軽減を、3つの考え方で製品からサービスまで様々な事業で提案。1. 人間生活工学高齢者と介助者の動作・生理・心理を検証・分析し、設備や機器を開発 2. 可変性個人の身体能力の変化や特性に合わせた可変機能と、最適環境の提供 3. 安全・快適性動作に無理がなく、心身のストレスや負担が少ない

プロデューサー

積水ホームテクノ株式会社 事業統括部長 宇多晃彦

ディレクター

積水ホームテクノ株式会社 デザイン部長 高川彰

デザイナー

積水ホームテクノ株式会社 デザイン部 高橋純、似鳥剛/開発部 齋藤浩之、滝川光紀、守谷 淳、落合 辰雄、三上彩、飯野武寛

詳細情報

http://www.kaigoshien.com/

利用開始
1995年4月
販売地域

日本国内向け

設置場所

自社ショールーム

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

高齢者の個々人の身体特性と、その変化に可変機能で柔軟に対応。 施設においては様々な状況の高齢者が同じ設備空間を使用。Wells浴室では、利用される高齢者の身体特性に適した入浴法を選択し、浴槽・手摺・移乗台を可変させ、入浴者・介助者の負担を軽減して高齢者の自立力を活かした行動により、介護度上昇を防止する。さらに、製品だけでなく機械浴槽のリース等の支援サービスも整備充実。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

高齢者の自立を促し、生活を心地よいものに。 加齢により身体機能が低下すると日常の行動が億劫になり、生活の質の低下を招き、更には自立度の低下を招くことにつながる。Wellsでは、食事・入浴・洗面・排泄と日常の生活行為を、個々人の身体能力にあわせ負担軽減に配慮された設備でサポート。設備を通じ自立できる人には自立支援を、介助の必要な人には最適な介助を提供し、心地よい生活の質の向上を実現する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

介護従事者の労働環境を改善し、質の高い介助サービスの提供を支援。 介護施設で働く介助従事者は、お年寄りの役に立ちたいという高い志とは裏腹に、身体負担の大きな作業が必要であり、体を壊すなどで離職する人も少なくない。Wellsは、高齢者だけでなく介助者にも配慮した設備の提供により、介助労働負担を軽減することで職業としての介助従事者の定着を促し、サービスの質を高めることを目指している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

これから高齢化を迎える世界中の国々に、日本発の介助支援を提供。 日本は現在高齢化の真只中ですが、周辺のアジア諸国でもこれから高齢化に向かい日本が抱えている同じ問題に直面する国々が出現。Wellsは日本発の自立&介助支援システムとして、高齢者の日常生活の向上のための設備や空間・サービス・環境を発信する。

ユーザー・社会に伝えたいこと

多様な介護現場を支援していくためには、現場の調査研究に基づいた製品企画・製造、それを販売・メンテナンスし、状況に合わせて変更や取替、レンタルという寄り添ったサービスの仕組みづくりが不可欠である。 高齢者の自立支援と介助者の負担軽減のためのモノづくりと、その時々の介護現場の状況に応じた最適な設備や空間を提供するサービス活動を通して、高齢者の生活をより豊かなものにしたいと願っている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

積水ホームテクノ株式会社 ショールーム
積水ホームテクノ株式会社
wells 介護支援ドットコム

審査委員の評価

それぞれの高齢者の状況に適した設備の提供は困難な問題であるが、可変性の高い設備の導入などで解決案を提示している。今後の超高齢化社会に向けて必要性がいっそう増していくデザインおよび技術である。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ