GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
住宅リノベーションシステム [Panasonic Prosetting]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
住居に関するサービス・システム
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G121033
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

住宅リフォームにおいて、お客様が建築やインテリアデザインの知識がなくても、空間のデザイン性や生活空間としての価値を一変させるようなリノベーションを容易にオーダーできるシステムを構築。「完成度の高い空間の提供」・「短工期化と適正価格での安定供給」・「お客様の暮らしの価値の実現」の為にリフォームを工業化したシステムである。システム構築のために、「完成イメージ共有化のためのスタイル構築」・「ヒアリングと連動した設備選定」・「設計指針と納まりやディティールの標準化」・「工事管理や積算などの合理化」を実現した。

プロデューサー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 事業開発センター 新事業企画グループ 空間事業推進チーム 廣瀬眞二

ディレクター

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター ハウジングデザイングループ 穐原秀育/事業開発センター 新事業企画グループ 田中郷、河村晃宏

デザイナー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター ハウジングデザイングループ 上本哲司、福井博/事業開発センター 新事業企画グループ 高野美紀子、長島諭、西山知佐子

詳細情報

http://www.sutekina-kukan.com/

利用開始
2012年12月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

家の断熱性能の向上や空気環境改善と、空間のデザイン性向上も高いレベルで両立させ実現する。ヒートショックや空気汚染(花粉・粉塵)などに対し、アクティブ技術とパッシブ技術を連携させた家全体での改善を行い、快適な生活環境を提供する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

・お客様の多様化する生活スタイルに対し、きめ細かなコンサルティングにより、暮らしの充実や家事の軽減、将来の安心を提供 ・セキュリティ(防犯)の診断を実施し、最適で安心かつ安全な生活空間を提供

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

・住宅設備総合メーカーとして、建築業のリフォームとは違う観点での提案により、住宅ストックの活用の間口拡大、質の向上に貢献 ・お客様と完成イメージの共有化を促すシステムにより、安心してオーダーできる良質なリノベーションを提供 ・一般リフォームルートでは流通しにくかったエコ商材(HEMS・断熱材・熱交換換気)などの普及や、国産家電品のポテンシャルを最大限に活かした提案

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

膨大にある住宅ストックに良質なリノベーションを実施することで、住宅の長寿命化に貢献する。環境に配慮した材料の使用や、断熱等の基本性能(パッシブ技術)と最新機器(アクティブ技術)の最適な選定で、エネルギー負荷削減が可能。

ユーザー・社会に伝えたいこと

リフォームを機会に家の基本性能と暮らし方を改善することで、より快適な生活環境の実現や省エネが実現可能である。また、優れたデザインの空間に最新の機能を組み込むことで、まったく新しい暮らしの価値を生み出すこともできる。そのためにも良質なリノベーションを普及させ日本の住空間の改善に貢献していく。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パナソニック リビング ショウルーム 東京 / パナホーム株式会社 東京リフォーム支社
パナソニック スマートリノベーションプロジェクトHP

審査委員の評価

少子高齢化が進む中、住宅のリノベーションは今後大きな市場となっていくだろう。パナソニックの住宅リノベーションシステムは、空間デザイン全体をとらえてオーダーできるシステムを提供している。リノベーションは部分的な修正になりがちだが、住宅全体のデザインポリシーを考え、それに沿って全体を再設計する仕組みを提案している。デザインルールはパナソニックが提供する住宅設備と統一されていて、組み合わせることで威力を発揮する。カタログが良くできており、アレグザンダーのパターンランゲージのようだ。特にAV機器の配線などの電気設備に専門性があり、デザイン性、工事管理の合理性などを兼ねそろえたシステムとなっている。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ