GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
アプリケーションの画面デザイン [スマートフォンアプリケーション EOS Remote]
事業主体名
キヤノン株式会社
分類
個人用機器、家庭用機器のインタラクションデザイン
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
13G121014
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Wi-Fi搭載のキヤノン製デジタル一眼レフカメラEOS用をリモート操作するスマートフォン用アプリケーション。iOSとAndroidの端末に対応。撮影しにくかったアングルや離れた位置からの撮影、また意図したフレーミングでの自分撮りも可能となる。撮影の設定は、フォーカス枠の移動や露出条件の変更が可能である。撮影後は、スマートフォンで画像を確認でき、移動中に整理したり、SNSにアップロードが可能となる。撮影や画像の確認をより便利にし、カメラ本体のみでは実現できない新たな使い方、楽しみ方をユーザーに提供する。

プロデューサー

キヤノン株式会社 ICP事業本部 事業本部長 眞榮田雅也

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 石川慶文

デザイナー

和久井立(UI)/瀧田聡士(UI)/宮崎奈津子(UI)

詳細情報

http://cweb.canon.jp/eos/software/app.html

発売
2012年11月
価格

0円 (無料ダウンロード)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

スマートフォンとの連携によってカメラ本体を手に持たず、カメラから離れた自由な位置から手元のスマートフォンで撮影や閲覧ができる。ユーザーに身体的な負担を減らした上で、撮影や写真を楽しむ機会を提供できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ライブビューリモート撮影は、手の届かない位置からの撮影や自分撮りなど、撮影方法に創意工夫の幅を広げ、撮る楽しみや新しい写真表現の創出を促す。撮影後は、スマートフォンでカメラ内画像を確認し、SNSで多くの人と共有できる。カメラの高品質の画像を載せた投稿でのコミュニケーションは、その交流を活性化させ、一般の人々の写真への関心を高め、写真文化の発展にも寄与する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

高画質を得意とする一眼レフカメラと携帯性、拡張性、通信機能に優れるスマートフォンがお互いの長所を活かし、共存、連携することで新しい使い方が生まれ、一眼レフカメラそのものが新しい存在意義を持ち、また付加価値が上がることに繋がった。例えば、カメラマンが取材先で撮影した画像を遠距離の依頼者と即座に共有でき、ワークフローの効率化、改善を提案することができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

既にあるスマートフォン端末の活用で、一眼レフカメラの存在意義を再創出し、魅力をさらに引き出せる事を示している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

カメラとスマートフォンを繋げた時に手元のスマートフォンに映るレンズ越しの風景を見て、リモート撮影の単純明快さへの驚きと新しい事に出会えそうな期待を感じれると思います。リモート撮影はアイデア次第で撮影の楽しみが広がります。リモート再生は驚くほど閲覧が快適になり撮影した画像を活用する楽しみが広がります。Wi-Fi対応弊社一眼レフEOS 6DとEOS Remoteで写真をもっと楽しんで頂けたら幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

iTunes App Store のEOS Remote ダウンロードページ
Google Play のEOS Remote ダウンロードページ

審査委員の評価

「リモコンの付属」というのは、操作性の向上に対するアプローチである。しかし持ち歩いて使用するカメラに別途専用リモコンが付いてしまうと、かさ張ってしまい総合的な利便性が落ちてしまう。その解決方法としてカメラ本体に無線LANを内蔵させ、日常的に携帯するスマートフォンをリモコンとして繋げるアプリを開発。インターフェイスデザインを分かりやすく仕上げた点で、実直な発展性がある。 現代の写真は個人のアルバムに収まるものではなく、ネットワークを介して共有やデータストックされることが多い。スマートフォンの特性を生かし撮影した写真を読み取り、そのままネットワークへ送信することができる本デザインは、従来のオフライン一眼レフでの一手間を省く効率化や撮影の使い勝手を実現したものとして高く評価した。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ