GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|日本デザイン振興会会長賞-グローバルデザイン2013

受賞対象名
Google マップ [Google マップ]
事業主体名
グーグル株式会社
分類
生活のためのサービス・システム
受賞企業
グーグル株式会社 (東京都)
受賞番号
13G121007
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界中の多くの国を網羅した豊富で正確な情報と、シンプルなUIを新しく採用することで、店舗・場所の検索、車、公共交通機関、徒歩を統合した経路検索、そして目的地へのナビゲーションを行う総合モバイル地図アプリケーションです。世界中どこでも利用できることを目標にグローバルな視点で設計されたUIは、店舗情報等をまとめた情報シートに電話番号、レビュー、ストリートビューや写真を一覧で表示し、ユーザーが行きたい場所を見つけ、そこへ辿り着くまでの経路をサポートします。現在、世界40カ国以上、29の言語に対応。公開後48時間以内に1000万ダウンロードを記録し、ユーザーの日々の活動を支えています。

プロデューサー

Google Inc.

詳細情報

http://www.google.com/intl/ja_ALL/maps/about/explore/mobile/

利用開始
2012年12月13日
価格

0円 (無料ソフトウェア)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

本アプリはよく知らない地域での現在地の把握や、現在の交通状況において、最適で快適なルートを簡単に見つけられるサービスとナビゲーションを提供し、ユーザーの移動を楽にします。またストリートビューのコンパスモードは、画面上で操作するのではなく、デバイス自体を上下左右に傾けることで直観的に操作できます。この操作は、まるで実際にその場に立っているような臨場感を提供しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

現在多くの人がPCと携帯電話を所有し、そこにタブレットという新しいデバイスが浸透しつつあります。日常生活では外出前に計画を立てるため自宅のPCやタブレットで検索をを行い、外出先で再び同じ情報を携帯電話で検索するという事象がよく起きます。デバイスを跨いでもお気に入りや検索履歴に簡単にアクセスできるよう、本アプリはログイン機能を持ち、データが自動的に同期することで外出時の操作を楽にしています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

海外出張や外回り時、最も必要とする情報は移動経路と知らない地域の周辺情報です。世界中で使える地図をコンセプトに設計した本アプリは、多くの国々でいつも通りに機能し、信頼して利用できる精度の高い地図アプリとしてビジネスパーソンを支えています。また外回り先で復路の検索の際に、勤務先か自宅への経路検索が多いことから、これらの場所を保存する機能を持ち、検索時に常に表示することで検索を楽にしています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

東日本大震災発生時に被災地の情報を収集する重要な手段として効果を発揮し、社会インフラの一部と認識されたGoogle マップの多くの機能をiOS上でも利用可能なものにしました。震災時、特に重要だった地図、衛星写真、ストリートビュー、周辺写真、交通情報等をどこにいてもiPhoneから利用できます。平常時だけでなく非常時にも強い地図アプリとして開発を続けています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

Googleのミッションは、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。Googleマップは実世界の情報を整理し、世界中の多くの国を網羅した豊富で正確な情報と、シンプルなUIを用いることで、人々が日常生活においても、海外へ出かけた際でも、いつでも同じように店舗・場所の検索、車、公共交通機関、徒歩を統合した経路検索が利用できるようにデザイン、開発しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Google Play
App Store

審査委員の評価

広く普及している地図アプリケーションであるが、ナビゲーションや検索のユーザインタフェースが大幅に改善されるなど着実に進化している。携帯電話の画面という限られた領域を効果的に使うための工夫が成されており、地図と情報を同時にみる際などの利便性が向上している。国ごとのこまかなカスタマイズがなされている。細部までよく吟味されユーザ視点に立った優れたインタラクションデザインである。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ