GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマホ/タブレット用アプリ [Mr.shapeのタッチカード]
事業主体名
空気株式会社
分類
家庭のためのメディア・ソフトウェア・コンテンツ
受賞企業
空気株式会社 (福岡県)
受賞番号
13G120998
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「Mr.shape(ミスター・シェイプ)のタッチカード」は、福岡のクリエイティブスタジオ「KOO-KI(空気)」が開発した、親子向け知育アプリです。親子で一緒に触って楽しめる絵カードで、モノの名前や形、しくみなどを学習することができ、子どもの創造力を刺激します。60枚近くの触れる絵カードに加え、国内外の映画祭で上映されYoutube再生回数150万回以上を記録する「Mr.shape」のショートアニメーションも視聴できるなど、豊富なコンテンツの中に、親子で一緒に笑顔になれる“驚き”が、たくさん詰まったアプリです。

プロデューサー

KOO-KI 山田修明

ディレクター

KOO-KI 白川東一、髙村剛

デザイナー

KOO-KI 白川東一、髙村剛

詳細情報

http://www.koo-ki.co.jp/card/

利用開始
2011年4月
価格

0 ~ 170円 (アプリケーションは無料でも使用できるが、アドオンで追加購入も可能)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

説明なく直感的な操作で子どもたちが楽しむことができることを最優先したUIデザイン、成長過程に合わせて遊び方を変えられるオプション機能、複雑なタッチや操作で出現するエンターテインメント要素など、親子にとって安心して長く"好き"でいられる設計を心がけています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユーザの皆様から、「トイレのカードをきっかけにトイレ・トレーニングを始められた」、「ぶどうのカードで果物をうまく食べられるようになった」など、日々心温まるコメントを頂いています。「Mr.shapeのタッチカード」を通じて、デジタルとアナログの垣根を越えて、たくさんの日常生活に根ざした“まなび”が生まれています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

「Mr.shapeのタッチカード」は世界各国でリリースしています。親子のためのアプリでありながら、iOSのみで30万人以上(2013年9月現在)ものユーザーに利用して頂き、日本だけでなく世界中の親子に使用して頂いています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

親にとって子育てとは、24時間子どもを気にかけ、幸せでもあり時に厳しいものでもあります。でも、もし、子どもが安心して“10分間没頭できるアプリ”が存在したらどうでしょう。その10分が親に気持ちの余裕を生み、子どもと向き合い、豊かな時間をともにすることができるでしょう。「Mr.shapeのタッチカード」は、世界中の親子にとって豊かなコミュニケーションを生み出すデザインであり続けたいと願っています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

幼少期に子どもが最初にふれるデジタルは、とても重要な意味を持っています。安心して子どもに触れさせることができ、“親子で一緒に”その楽しさを体感することもできる、そんなデジタルコンテンツを提供したい。そんな思いから「Mr.shapeのタッチカード」は生まれました。「親子で一緒に笑い、驚き、発見する。」そんな親子の“共感とまなび”を通じ、良質な親子のコミュニケーションを活性化したいと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

iTunes App store
iTunes App store

審査委員の評価

タブレットを触ると画面上の絵が変化したり音が出たりする子ども向けのアプリである。その絵を触ったときの感覚が、子ども向けのおもちゃを触ったときの感触を思い出させる。気持ちのいいリアリティがあって、つい何度も触ってしまう。カードによっては、物理シミュレーション技術を使ってリアリティのある物体の動きを描き出している。画面にはさまざまな隠れキャラが仕込まれていて、どこを触ると何が起こるのか、じっくり触って発見したくなる。大人も楽しめる子ども向けアプリである。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ