GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
発展途上国に向けた環境改善ソリューション [[グリーン・パートナーシップ・プロジェクト]大気・水質の公害問題に取り組む、富士通の環境改善ソリューション]
事業主体名
富士通株式会社
分類
社会基盤、プラットフォーム
受賞企業
富士通株式会社 (神奈川県)
受賞番号
13G110972
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環境をモニタリングして見える化し、シミュレーションシステムで予測化、さらに技術者や住民への教育までを組み込んだ環境改善ソリューションである。途上国を中心としたグローバルな地域それぞれに適した形に柔軟に対応可能。日本でもPM2.5等の汚染物質による健康不安が取り沙汰される中、途上国でも環境汚染問題は国民にとって深刻であり、問題が起きたときに気付くのでは遅いため、見える化するシステムとともに、観測していくという価値観を提供することが必要である。環境先進国が、計測者や研究者には適切な技術やノウハウを、住民には環境教育を「輸出」することで、個々が役割や状況を理解し長期的に自立できることを目標とする。

プロデューサー

富士通株式会社 テクニカルコンピューティング・ソリューション事業本部 山田 昌彦 本部長

ディレクター

富士通株式会社 佐藤 弥之助、石原 康秀、植木 亮、三澤 真、矢部 典雄、中村 精一+富士通デザイン 森岡 亮、伊藤 智之

デザイナー

富士通株式会社 鈴木智美、朱里秀作、飯塚祐介、北野健太、白石直樹、坂口功治、堀池省吾+富士通デザイン 寺西広太郎、宮入麻紀子、笹島悠+モフ 荒川健司、藤井悟司、笠井 敬祐

詳細情報

http://jp.fujitsu.com/about/csr/eco/highlight2012/

利用開始
2013年4月
販売地域

国外市場向け

設置場所

主に発展途上国

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

計測者が見るモニタリングシステムの画面、研究者が見るシミュレーションシステムの画面、住民が見るデータ情報画面は、それぞれの役割と目的に合わせたユーザビリティを考慮した画面になっている。例えばデータ画面は、数字やグラフの羅列で理解することに労力を使わないようにキャラクターの配置や、地図とのカラーバランスの考慮などで親しみやすさと優しさを表現し、幅広い年代に受け入れられ身近に感じられるデザインとした。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

汚染物質の情報を知らない住民が、黒い煙等を見て何か分からないために不安を抱えながら暮らす・・・という現状がある。まずは環境教育のWebコンテンツにより住民が環境に対する知識を習得・理解することで、自分達の生活に関わる影響を正確に知ることができる。また、リアルタイムでの測定値情報をスマホ等から手軽に見られるため、知らないことへの不安が解消されるなど、住民の立場に立った課題解決に向けての取組みである。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

大気・水質汚染など国・地域・住民の課題が何かをヒアリングを通じ的確に判断し、環境常時監視システムに当社が長年にわたり蓄積してきた技術・ノウハウと、専門家の知見を柔軟に組込むことで、より最適なソリューションとしてグローバル展開する。一過性の技術提供ではなく、その国に適応した長期的な人材育成も兼ねたノウハウを併せて輸出することが、環境先進国の使命であり、今後も途上国の様々な課題に真摯に取り組んでいく。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

途上国では環境ガイドラインが未制定であったり、環境への意識が低いものであったりと、早急に解決すべき課題が山積みである。しかし、環境汚染は国・地域をまたいで日々拡大してしまうため、本システムでは短期的に、計測データの蓄積と公開による周知で抑制を図る。そして中・長期的に、教育を通じ若い世代が環境問題を身近に感じ、意識を高め自発的に考え行動するようになることでグローバルにサステナブル社会の実現を目指す。

ユーザー・社会に伝えたいこと

[産・学・官 + 民による開かれた文化の醸成]次の目標は国民の意識を変えるICTインフラの実現です。産業界・研究機関・行政機関にノウハウと技術の提供だけではまだ不充分です。今後は行政の一方的な情報からシフトし国民との対話を始め、互いの信頼関係を深めることが大切。実は国民が投稿できるシステムは完成しています。途上国が近日迎えるであろうガバメント2.0時代に向けた私達の準備は、すでに整っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

タイ王国の工業団地と研究機関とサウジアラビアの工業団地
タイ王国の工業都市における、先進的な環境監視の取り組みに貢献
富士通とサウジアラビア工業用地公団が 環境管理システムの構築と運用に関する契約を締結

審査委員の評価

先進国と途上国との関係において、同じ価値観をもって良好的かつ継続的な支援関係を続けることは容易ではないだろう。そのような中、このプロジェクトは情報提供に留まらず共に研究し、広く公開するという情報の循環をデザインする事で、直近の問題の抑制を図りながら、次世代の環境問題に対する意識を高め将来的な環境改善へと繋げようという持続力のある仕組みとして、これからに大いに期待したい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ