GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
粗放型屋上緑化 [屋上はらっぱ]
事業主体名
国立大学法人千葉大学, 鹿島建設株式会社
分類
街づくり、都市づくり
受賞企業
国立大学法人千葉大学 (千葉県)
鹿島建設株式会社 (東京都)
受賞番号
13G110971
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

屋上はらっぱは、近年減少している町中の空き地等の草地を近隣植生と日用の廃材により整備する、市民参加型の新しい屋上緑化デザインである。従来、自動潅水装置やプラスチック製資材を用い、樹林の形成を目的とした画一的な屋上緑化が普及してきたが、コストや維持管理、荷重等の課題があり、市民のデザインや施工への参加も限られていた。本デザインでは、市民が地域生態系調査、リサイクル資材収集、デザイン、施工を実施し、自らが「緑」を作る楽しさを体験できる、環境に配慮した低コストで軽量な屋上緑化を可能とした。また、このような屋上は、ヒバリやスズムシなど草地を好む生物の貴重な生息空間となり、生物多様性に貢献する。

プロデューサー

千葉大学大学院工学研究科 助教 永瀬彩子+鹿島建設株式会社 次長 山田順之

ディレクター

千葉大学大学院園芸学研究科 准教授 野村昌史+鹿島建設株式会社 曽根佑太、青木忠尚

デザイナー

永瀬彩子、 山田順之、 野村昌史、 曽根佑太、 青木忠尚

発売
2012年4月1日
価格

8,000円 (1m2 当たりの値段)

販売地域

日本国内向け

設置場所

建物屋上

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

屋上緑化利用者の自由な創造性を誘発するように、利用者自らが周辺の生態系調査や自然土壌の採取、リサイクル資材の収集、現地でのレイアウト、材料の運搬や施工などものづくりに参加するプロセスも提案している。ほとんどの作業は、安全であるため、あらゆる人々の参加が可能であり、子供から高齢者までの環境教育やレクリエーションにも適している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活の中で発生するペットボトルキャップや着古したフリース、乗用車の廃タイヤなどを利用者自らが収集し屋上緑化の材料として再生利用することで、愛着のあるデザインを提案するとともに、生活における資源循環を再考する機会となっている。さらに、自らが使用する屋上を自らの材料でデザイン、施工することにより、与えられた空間ではなく、生活の一部として機能するようになる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

耐震補強工事により増加したビルなどのコンクリート再生資材や瓦再生資材は利用先が限られており、再利用が進まない状況であるが、屋上緑化という展開先を開拓し新しいモノづくり方法を提案している。さらに、竹や萱を屋上に使用することにより、増えすぎている自然資源を管理しながら、新しい場所を提案している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

耕作放棄地からの萱の切り出し、地域の竹害防止としての竹の積極的利用は、単なる屋上緑化で終わることなく、地域のコミュニティをつなぎながら、活性化し、街づくりにもつながっていく。さらに、現在では大幅に減少している草地を復元し、鳥や昆虫の住処を提供することで、地域の生態系保全に貢献している。また、雨水のみでの維持管理を可能としているため、水資源の保全やエネルギーの削減を達成できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

屋上はらっぱは、市民自らが参加して、周辺の自然の調査や使用するリサイクル材収集、材料の運搬や施工を行うことにより、地域の生物多様性や循環型社会を改めて考える機会を提供していきたいと考えています。また、既存建物屋上の未利用空間を利用し、瓦やコンクリートなどの再生資材を利用して地域の生態系保全に貢献するサスティナブルで管理がほとんど不要な屋上緑化を実現するものです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

千葉大学西千葉キャンパス内けやき会館屋上

審査委員の評価

都市環境の様々なせめぎ合いの中で生まれてきた緑化。それだけではなかなかCO2の削減や抜本的な環境改善に繋がりにくい屋上緑化ではあるが、これを粗放型にする事であるべき自然の循環を取り戻し、費用の低減も相まってより無理なく緑化を拡げていける可能性を秘めている。また、きれい過ぎない慣れ親しんだ空き地に見るような自然の姿が、人に緑化の本当の意味と自然のありがたみを伝える力があると感じる。今はまだ実験段階だが、物理的に汎用性のある仕組みを目指し開発を続けてほしい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ