GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スパイラル自動製管管路更生工法 [SPR工法]
事業主体名
積水化学工業株式会社
分類
社会基盤、プラットフォーム
受賞企業
積水化学工業株式会社 (東京都)
東京都下水道サービス株式会社 (東京都)
足立建設工業株式会社 (東京都)
受賞番号
13G110950
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本の下水道管路は高度成長期に整備されたものが多く、現在ではその老朽化が深刻な社会問題となってきています。老朽管路は交通量の多い所や地震の際に崩落する危険があり、道路陥没など大きな事故を引き起こす可能性があります。しかしながら都市化が進み、管路の布設替えをしようにも交通渋滞や騒音など社会環境に支障を来すような大規模工事は困難かつ大きなコストがかかります。SPR工法はこれらの問題を解決するため、老朽管路を掘り起こすことなく下水を流しながら(ストップさせない)、老朽管路の内側に新しい管路を構築して裏込め材を充填、既設管と一体になった強固な下水道管路へ更生するという画期的な工法です。

プロデューサー

髙見 浩三、小川 健一、足立 邦夫

ディレクター

今川 明、高橋 良文、足立 裕介

デザイナー

渡辺 充彦、岩佐 行利、内田 広治、山城 浜夫

詳細情報

http://www.eslontimes.com

利用開始
1986年4月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

老朽下水道管路・農業用水管路などの管路

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人体に悪影響を及ぼすような有害物質を発生することが全く無いので、周辺住民や工事作業員に優しい工法です。下水を流したままの状態で更生工事が出来るため、周辺住民のトイレの使用を妨げるようなこともありません。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

社会生活に必要不可欠な下水道ですが、今、老朽化による更新が必要な状態のものが増えています。老朽管路が崩落すると、道路陥没など大きな事故に発展してしまいます。SPR工法は、老朽管路を生まれ変わらせることができる技術です。掘り起こさずに更生するので、工事による道路規制や騒音が最小限に抑えられる上に、下水を流したまま管内での施工を行うため周辺住民の下水使用を妨げることがありません。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

都市部ほどパイプラインが数多く埋設されていますが、交通渋滞や周辺環境に影響を与えるような大規模な工事は困難です。SPR工法は老朽管路を掘り起こさずに更生できる技術ですので、都市の機能を妨げることがありません。また、既存の管路(資産)を最大限に利用し、限られた公共事業費の有効活用をアシストします。また下水道管路だけでなく、農業用水管路や工業用水管路など多種多様な管路に応用されています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

老朽管路の内側に新しい管路を構築し一体化させることにより、新管同等以上の強固な管路として生まれ変わらせることができます。既存管をそのまま活かして更生するため、廃棄物が殆ど出ません。運搬車両・機器も最小限で済むため、排出CO2の削減も図れます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

これまでの震災の時にも大きな問題となったように、下水道がストップしてトイレが使えないということは人間の尊厳にもかかわる一大事です。また、老朽管路が起因となって道路陥没などの危険が発生する可能性もあります。道路の下で、日々管路の更生を行う縁の下の力持ちとして活躍することで、人々が気づかないまま快適に安心して暮らせる毎日を提供できる技術でありたいと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

積水化学工業株式会社 環境・ライフラインカンパニー ホームページ
東京都下水道サービス株式会社 ホームページ
足立建設工業株式会社 ホームページ

審査委員の評価

見えないインフラの安全性がいかに大切か、我々は昨年の中央道笹子トンネル事故で痛感した。トンネルと同様に高度成長期に整備された下水道管路の老朽化が現在大きな問題となっている。だが、都市部の再整備は地上の道路施設との関係でコストも掛かり容易ではない。このSPR工法は従来の管路の内側に既設管と一体になった強固な構造をつくるものでコストパフォーマンスも高い。インフラ整備に於ける高度な技術は今後不可欠であり、賞賛したい。

担当審査委員| 南雲 勝志   廣村 正彰   横川 正紀  

ページトップへ