GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
東大谷高等学校泉ヶ丘校舎 [東大谷高等学校泉ヶ丘校舎]
事業主体名
学校法人 大谷学園
分類
公共領域のための空間・建築・施設
受賞企業
学校法人大谷学園 (大阪府)
株式会社竹中工務店 (大阪府)
受賞番号
13G100918
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東大谷高等学校は100有余年の歴史と伝統を刻むなか、女子教育から男女共学への移行に伴い、周囲に里山の名残をとどめる緑豊かな丘陵の高台に移転した。新キャンパスは多様な生物が共存する里山をモチーフに、教育理念「命あることへの感謝」が体験的に養われるサスティナブル・キャンパスとして計画。校舎は、採光・通風が良い片廊下プランを基本形として、透かしレンガ壁の外部廊下を回廊状に巡らせ、様々な中庭を立体的に包含し、生徒の多様な居場所を確保した。生徒が他者や自然、社会とのつながりを育み、希望に満ちた3年間を過ごし、新たな学園の歴史を創造してゆくことを期待している。

プロデューサー

学校法人大谷学園 理事長 左藤一義

ディレクター

株式会社竹中工務店 設計部 國本暁彦

デザイナー

株式会社竹中工務店 設計部 川口裕人

詳細情報

http://www.higashiohtani.ac.jp/rs/izumigaoka

開学
2013年4月
販売地域

日本国内向け

設置場所

大阪府堺市南区三原台2-2-2

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

中庭のうち大階段のある最大のものは、ウッドデッキで設え、様々なイベントやバドミントンなどの運動を誘発する活動的な広場とした。屋上には、果樹園や水田・菜園を設け、体験学習や食育、不登校児ケアまでをも考慮に入れた菜園療法等に活かす計画。グラウンドは鳥取方式(生徒自らがポット苗の芝を植栽)による天然芝植栽とし、安全で快適な運動環境、生き物を育む心の育成、近隣への防塵効果、景観向上を実現。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

多様な中庭や外部廊下など、様々な場所に生徒の記憶に残る居場所を点在させている。教室と廊下の間仕切はガラススクリーンとすることで、広がりを与えるとともに、採光と通風の確保のみならず、コミュニケーションがとりやすい学習環境としている。ガラス張りの教員室は自習室に隣接し、生徒がいつでも相談でき、きめ細やかな指導が可能となっている。仏壇のある講堂は校舎の中心に位置し、学園の精神的拠り所となっている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

敷地が堺市に位置し、周辺一帯が古墳時代の須恵器の一大産地であったこと、堺の伝統産業が刃物であることを鑑み、主要なマテリアルとして、焼物であるレンガやタイル、金属、コンクリートで外観を構成し、堺らしさの表出を試みた。メインとなる西側には、日射制御と通風、アピールを兼ね、レンガ透かし積みを採用した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

泉北丘陵の周辺緑地との連続性を意識し、中庭や屋上を利用した立体的な緑地を、ローメンテナンスな地域の潜在自然植生により構成。鳥類や昆虫類の移動経路となる「緑の回廊」としてエコロジカル・ネットワークの形成を図っている。また、雨水利用や自然換気システム、LED照明、LOW-E複層ガラスなどの採用による環境配慮を積極的に行い、CASBEEのSランクを取得。

ユーザー・社会に伝えたいこと

建築とは「間」をつくる行為であり、そこで生じる「場」や「状況」つまりは人の営みに本質がある。様々な「営み」を受容・誘発し、原風景を描き出す環境としての学校建築を目指した。建築そのものが何かを主張するというよりはむしろ、背景・書割たらんことを企図している。この建築の佇まいが、多感な時期を過ごす生徒の記憶と感覚に永く残り、いずれ自身が媒介となることで世代を超えて社会に広く還元されることを期待している。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪府堺市南区三原台2-2-2
東大谷高等学校泉ヶ丘キャンパス
東大谷高等学校
学校法人 大谷学園

審査委員の評価

学校建築は平面計画に始終することが多いが、この計画では外構や立面計画にも十分に時間がさかれているようだ。生徒が休み時間のひとときをすごせるような中庭テラスや、透かしレンガをもつ外廊下は居心地がよさそうであり、また学校のもつ歴史的な蓄積を感じさせるのに役立っている。地域の顔、学校の顔として風格のあるたたずまいが生み出されたことが高く評価された。

担当審査委員| 千葉 学   乾 久美子   高橋 晶子   安田 幸一  

ページトップへ