GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
震災復興土木建設作業員用モデュールホテル [バリュー・ザ・ホテル名取]
事業主体名
価値開発株式会社
分類
産業領域のための空間・建築・施設
受賞企業
有限会社高階澄人建築事務所 (東京都)
受賞番号
13G100890
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東日本大震災被災地の復興工事に携わる土木建設作業員のためのロープライスホテル。低廉な価格での長期滞在を前提とし宿泊機能に特化しているが、朝夕食を提供する大食堂も備える。最小限の建設コストで大量の客室を短期間で供給するため、工場内で内外装を完成させた客室モデュールを現場で組み立てるシステムを開発した。国内陸送可能最大寸法である40ft海運コンテナ規格を準用しているが既製コンテナの流用ではなく、構造体から新たに設計した建築基準法上の建築物であり構造適合性判定を受けている。中国最大のコンテナメーカーCIMCがモデュールの短期大量製作を担い、在来工法の約半額の建設コストで全体建設工期4ヶ月が実現した。

プロデューサー

価値開発株式会社 開発企画部 部長 岡貴治

ディレクター

有限会社高階澄人建築事務所 代表取締役 高階澄人

デザイナー

有限会社高階澄人建築事務所 代表取締役 高階澄人

詳細情報

http://www.starchitects.jp/value-the-hotel-natori/

利用開始
2012年10月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

宮城県名取市上余田字千刈田655-1

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

被災地復興のために土木や建築の現場で肉体労働に携わる多くの作業員やボランティアが快適に休息を取り身体を休め、鋭気を養う場を提供している。また、一般動線の全てと一部の客室においてバリアフリーとし、誰でもがどのようなコンディションであっても宿泊できる施設としている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

全ての客室をシングルルームとしプライバシーが守られる個室空間に通常のビジネスホテルと同等な客室内の設備を整え機能性の高い生活空間を提供している。長期滞在を前提としてコインランドリーや大きな収納も設置している。客室数半数以上の席数をもつカフェテリア形式の開放的な大食堂では、厨房施設の充実により身体が資本である作業員にバランスの取れた食事を様々なバリエーションをもって提供することができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

被災エリアにおいてニーズの高い低廉な宿泊施設を提供できる。また、地元でのホテル従業員の雇用創出や、食材、リネン清掃等のアウトソーシングによる関連産業の活性化を誘導している。プレファブリケーション工法によるホテルであるため、その建設工程において高度な技術を要しない現場作業員の雇用を創出した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

このホテルは一定地域での震災復興期間の供与を終えた後は、他地域へ移設して再営業することができる。内装を変更して居住施設等としての再利用も可能である。上部構造が軽量であるため敷地で敷設する基礎は簡易であり、施設全体としての建設による環境負荷は通常の建設物より少ない。空調は各室個別、給湯は2〜3室を1系統とした高効率な住宅用システムを導入することにより、移設を容易にすることを含め環境負荷を抑えている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

復興に携わる作業員達が身体を休める場所を何より先に作る為に建築設計者として何ができるかを考えモデュール建築に挑戦した。ローコスト、短工期、関連法規、JIS適合等に対する技術的解決の積み上げと、中国のCIMCの技術力が157基のモデュールの短期間での製作を可能にした。国を跨いだ多くの人の力や既存のシステムの集積により震災復興ホテルを実現させる過程こそが今回のデザインであり、それを建築の表現とした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

宮城県名取市上余田字千刈田55-1
バリュー・ザ・ホテル名取
高階澄人建築事務所HP
朝日新聞デジタル

審査委員の評価

コンテナを利用したホテルや仮設住宅の一例。コンテナ棟だけでなく食堂機能を充実させて、長期滞在ニーズにあわせた計画となっている。被災地での宿泊場所不足は未だに深刻である。こうした新しいタイプのホテルは、被災地のニーズをよく汲み取っていることから高く評価された。

担当審査委員| 千葉 学   乾 久美子   高橋 晶子   安田 幸一  

ページトップへ