GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
旅館・ホテル 増築 [四季 クワトロ]
事業主体名
株式会社本陣リゾート
分類
産業領域のための空間・建築・施設
受賞企業
ミサワホーム株式会社 (東京都)
受賞番号
13G100886
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

[環境に適合する建築の新たな解を示す]川端康成の小説「雪国」でもなじみのある豪雪の地、越後湯沢に、融雪を目的とした水の流れを景色に換える、デザインと設備を融合させた建築。一時の高層リゾートマンションやホテルの乱開発によって、周辺との関係が断たれた建築が乱立するこの地域に、厳しい自然環境を緩やかに取り込み、現代の技術でそれを周辺と調和する美しい景色に換えながら、「ここにしかない自然環境と対峙すること」を軸に据え、その一つの解として提示する。日本人と日本の環境に馴染む木造と構造的な強度を保つRCとを組み合わせることにより、厳しい自然の条件をクリアし、快適な環境を実現した。

プロデューサー

ミサワホーム株式会社 営業推進本部 センチュリーデザインオフィス

ディレクター

ミサワホーム株式会社 営業推進本部 センチュリーデザインオフィス

デザイナー

ミサワホーム株式会社 営業推進本部 センチュリーデザインオフィス

詳細情報

http://www.cdo.misawa.co.jp/index.html

利用開始
2013年4月
販売地域

日本国内向け

設置場所

新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢1926番

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

[環境と調和する手法の提示]越後湯沢ならではの四季と静かに対峙する空間を提供することで、その場所にしかない自然と対峙する環境をつくる。自然とは、一律ではなく、その地域独自のものであり、それぞれの場所に適した環境に対する解があることを示していくことで、自然や周辺環境と人の関わり方に対し、調和させながら解決していく方法を提案する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

[日常にある美の再発見]水、空、光、風、雲、雪。。。それら自然そのものであり、要素であるものと向き合う空間をつくることによって、日常の中にある普遍的要素への視点を再認識することを目指す。日常の中にある美を見出すことは本来日本人が持つ美しい価値観であり、そのDNAに刻み込まれた感覚を呼び覚ます空間に身を置くことにより、それらへの眼差しを再発見する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

[建築と設備との融合]熱や光の視点でのパッシブデザインに対する試みが様々示される中、アクティブな設備とデザインと融合は、それに比べるとまだ開発の余地が残る。違和感なく環境に融合した形でのアクティブデザインを積極的に進めていくために、今後も様々なプロトタイプが示されるべきであり、その中の一つの解として寄与できるのではないかと考える。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

[環境に適した設備のあり方]これまで様々な形で環境に適合する建築のあり方が論じられてきたが、環境にあわせた設備のあり方は、デザイン的な視点ではあまり語られていない。建築と設備とは切り離せないものであり、厳しい環境を現代の技術で快適に住みこなすことは、これから更に求められるが、中でも自然の知恵を活用した、環境に調和した設備を創ることは非常に重要であり、それを提案する一例となり得る。

ユーザー・社会に伝えたいこと

周辺環境やそれにあわせた構造、設備などの諸条件と建築の関係を、デザインする中でトータルにクリアしていくことで、厳しい条件の中でも、全体の調和がとれた快適な空間を作り上げていくことがきるということ、またどのような環境にも美が宿ることを、慌ただしい日常の中ではなかなか実感として味わう機会がない中、自然の要素と静かに向き合う環境に身を置くことで、再発見するきっかけとなるということ。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

四季Four Seasons Yuzawaクワトロ 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢1926番

審査委員の評価

豪雪地域における屋根の雪を落とす場所を水面とし、その水面を旅館全体を巡る動線と絡ませて空間デザインを行っている点が見事な作品である。旅館のどの場所にいても常に水面を感じることができ、季節や時間に呼応した多様な反射光が空間全体を満たしていて美しい。特に雪国において印象的な光は、積雪後の地面からの反射光であることをも思い起こさせてくれる点が素晴らしい。

担当審査委員| 千葉 学   乾 久美子   高橋 晶子   安田 幸一  

ページトップへ