GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [アールコート早稲田]
事業主体名
生和コーポレーション株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
生和コーポレーション株式会社 (東京都)
受賞番号
13G090872
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この建物は神田川と新目白通りに挟まれた、環境豊かで交通の便の良い場所に位置する賃貸集合住宅です。単身者向けから若年ファミリー層向けまで様々な大きさの住戸があります。東側には椿山の眺望を楽しむガラスの連続窓、北側には神田川からの風が抜ける手摺、南側には日当たりのいい大きなバルコニーと、ロケーションに合わせてファサードデザインを変えて、都会に居ながらも自然の光や風が感じられる住まいをつくっています。

プロデューサー

生和コーポレーション株式会社 貴志 悟

ディレクター

生和コーポレーション株式会社 納谷 勝、瀬古 卓哉、矢部 文章、大坂 正弘

デザイナー

株式会社坂倉建築研究所 吉村 将次、三桶 士文、東 泰規(元所長)

詳細情報

http://www.seiwa-stss.jp/

利用開始
2013年3月23日
価格

87,000 ~ 160,000円/月(家賃)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都新宿区西早稲田

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

バルコニーをパッチワーク状に配置した神田川沿いの外観は、住民が住むことで、カーテンや照明の色などの住民の個性が表れ、より豊かな表情となります。四季の移ろいを求めて人々で賑わう神田川沿いの環境にも楽しく集まって住む印象をつくっています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

北側は神田川の眺めを考慮し格子の手摺や連続窓を設けており、南側は2.7mのリビングバルコニーを設けて、どの住戸も都会に居ながらも自然の光や風が感じられる住宅をつくっています。また、エントランスに和紙のアートワークを設けて生活動線の中にアートとの触れ合いが生まれるシーンをつくっています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

コスト、メンテナンス性を考慮し、新しいデザインに取り組んでいます。北側のアルミ手摺はシルバー、ステンカラー、アンバーといった既成の部材の色を組み合わせることで様々な表情をつくっています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

近年、木材利用が推進されていますが、当建物では積極的に木材を利用しています。軒にはスギの不燃木、バルコニーの床には再生木、合板で出来たインタホンパネルなど、人との距離が近い部分にはメンテナンス性を考慮しながら積極的に木の素材を使いました。また、共用廊下など照明器具を最小限に抑えることで、意匠性だけでなく省エネにも配慮しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本の建物の寿命は短すぎます。我々は建物の企画やデザインを通じて安全で快適で使いやすく、そして愛着を持ってもらえるような建物を目指しました。建物が何十年も大切に使ってもらえる事を期待しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都新宿区西早稲田

審査委員の評価

多様な住戸パターンを有する複合型の賃貸集合住宅でありながら、全体の外観を方位に応じて変化をつけながら、シンプルにまとめたファサードデザインが評価された。また、良好な立地環境を最大限に生かした外構、およびバルコニーデザインなどが優れている。

担当審査委員| 難波 和彦   篠原 聡子   手塚 由比   古谷 誠章  

ページトップへ